ラボモ スカルプアロマコンディショナー BLUEの解析結果

総合順位

825

総合得点 5点満点

2.06
成分数エキス系特効ダメ
42800
  • ラボモ スカルプアロマコンディショナー BLUEの詳細情報
  • アートネーチャーの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 764
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 3980円
  • [1mlあたり] 約 15.92円

ラボモ スカルプアロマコンディショナー BLUE解析チャート

ラボモ スカルプアロマコンディショナー BLUEの解説

育毛とコンディショニング効果の両取りを狙ったコンディショナーです。

カンカエキスが主役で、それを取り巻く成分はそれぞれ頭皮と、髪の改善を積極的に図っています。

ただ、端的に言うとこのBLUEよりREDの方が出来栄えとしてはオススメ感があるように思えます。

総合すると、育毛効果、肌を整える効果を軸にした一品で、保湿とツヤ感を与え感触を改良します。

感触としては、サラッとした仕上がりが想定され、肌を引き締める効果を感じ取れるコンディショナーとなっているようです。

育毛成分の効果は高いものといえますが、頭皮に直接塗るのはオススメしません。

もちろん、カチオン界面活性剤2種類の存在があるからで、この部分はお世辞にも肌に良いとはいえません。

純粋にコンディショナーとして扱い、そのついでに僅かでも頭皮に育毛効果を与える、という理解でいいでしょう。

ついでと言うのは、頭皮につかないようにしても、ある程度は自然に接触してしまった時(すすぎの時など)に、嬉しい副作用が期待できるという意味合いです。

全体的にはコンディショニング効果はREDほど高くなく、どちらかと言えば肌ケア頭皮ケア重視な設計と見られます。

評価自体は高くありませんが、素材の質は良い面がたくさん見られることも付け加えておきます。

ラボモ スカルプアロマコンディショナー BLUEの全成分

1グリチルレチン酸ステアリル

油溶性抗炎症成分です。

2カンカエキス

3フランスカイガンショウ樹皮エキス

4ヒアルロン酸ナトリウム

5加水分解コラーゲン末

6プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

7ポリグルタミン酸塩

納豆のネバネバの素がこのポルグルタミン酸です。高い保湿効果を付与し、分解されづらいため持続的に保水効果を保持します。

8海藻エキス

9酵母エキス

10加水分解コンキオリン液

11カモミラエキス

キク科カミツレの花エキスです。発汗作用、抗炎症、収斂、血行促進作用などを付与。

12ユズセラミド

13マロニエエキス

14シャクヤクエキス

抗AGEs(抗糖化)作用や免疫増強効果などを付与。

15加水分解シルク液

16シロキクラゲ多糖体

17ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

18N-ステアロイルフィトスフィンゴシン

19セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

20マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル

21イソノナン酸イソノニル

低粘性でさらっとした油剤。クレンジング性能に優れ、べとつかせたくない場合に重宝されるエステルオイルです。

22テトラ-2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット

23セトステアリルアルコール

24ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

25塩化オクタデシロキシプロピルトリメチルアンモニウム

ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドのこと。4級カチオン界面活性剤の中でも乾燥後、持続性を持つコンディショニング効果が特徴です。

26ワセリン

英語ではpetroleum jelly。ずばり、石油ゼリーです。正しくは、石油由来の炭化水素類を脱色精製したもの。石油由来とはいえ、全く肌に浸透せず、化学的に不活性なので全く皮膚刺激はない。特徴としては油剤そのものなので、がっちりと油のフタをするイメージです。肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐことや、外部からの刺激を遮断するなどの役割があります。難点としては、単独では非常に油らしいベタつき感があるため、ベトベトした感触が向かない場面もあるかと思います。

27塩化ステアリルトリメチルアンモニウム

ステアルトリモニウムクロリド。4級カチオン界面活性剤で、髪のダメージ部に選択的に吸着し、ダメージ部の親水性を疎水性に変化させながらダメージの防止する役割があり、シリコンオイルなどコーティング成分が乗りやすい状況を作る役割。ただ、肌に対しては洗浄剤などよりもタンパク変性作用が強く、毒性といってもいいような悪影響があるため頭皮などにつけるべきではない。

28塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液

29塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液

・塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液はポリクオタニウム-7のことですね。
泡質を細かくする働きなど。

30アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモニウム共重合体液

31水素添加大豆リン脂質

水添レシチンです。天然界面活性剤のレシチンに水素を添加して臭いの問題を解消した保湿成分です。

32精製水

33

342-ペンタンジオール

35硬化ナタネ油アルコール

361

373-ブチレングリコール

38カラメル

39ヒドロキシエチルセルロース

40シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

両親媒性型のエステル油で、水溶性有効成分の浸透促進効果、スピーディーなクレンジング効果、べたつきが少なく、軽い感触に仕上げる作用があります。

41無水エタノール

無水エタノールとは、エタノールを99.5vol%以上含有するということです。消毒用エタノールは76.9~81.4vol%含有。

42香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

頭皮を乾燥から守り、しなやかでハリのある髪へ導きます。ノンシリコン。

ラボモ スカルプアロマコンディショナー BLUEの関連商品

ラボモ スカルプアロマコンディショナー BLUEを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。