h&s(エイチアンドエス) リフレッシュ 地肌マッサージクリームの解析結果

h&s(エイチアンドエス) リフレッシュ 地肌マッサージクリーム

総合順位

952

総合得点 5点満点

2.04
成分数エキス系特効ダメ
11000
  • h&s(エイチアンドエス) リフレッシュ 地肌マッサージクリームの詳細情報
  • P&Gの関連商品
  • [JANコード] 4902430678612
  • [商品ID] 7337
  • [容量] 185ml
  • [参考価格] 812円
  • [1mlあたり] 約 4.39円
h&s(エイチアンドエス) リフレッシュ 地肌マッサージクリーム解析チャート

h&s(エイチアンドエス) リフレッシュ 地肌マッサージクリームの解説

カチオン界面活性剤でマッサージしちゃダメだろう

ただのオイルなら無害だが、これはカチオン界面活性剤ベース。まったく別物。

地肌をこのクリームでマッサージするなんて、なんのメリットもないだろう。

3級カチオン界面活性剤ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミドがベースに含まれ、4級カチオン界面活性剤よりは刺激性が低いのですが、普通の油剤に比べると危険性がずっと高いと認識すべきです。

ましてや、頭皮に塗りつけるなんてすべきではありません。

内容的にはただのコンディショナー。

カチオン界面活性剤、セタノール、シリコンという構成の内容ですので、性質としてはただのコンディショナー。ちょっと刺激性が低いというだけで、一般的なリンス剤のようなものです。

頭皮向けに何か特化されたような素材や構成をとっているわけではありませんね。

ジンクピリチオンのような殺菌成分の配合もありますが、他のH&Sにもよく見られる処方ですし、特別頭皮向けに工夫された内容にはなっていません。

ほとんどメリットなし。危険性だけしか感じられない

地肌をマッサージするなら、一番にリスクがないこと。そして、ただでさえ皮脂の多い頭皮に余分に油分を残さないこと、毛の成長を阻害するような要素がないこと・・といった条件が考えられます。

恐ろしいことに、全部逆を行っているような中身なのです。リスキーで、オイリーで、抜け毛に繋がりそうで、残留性が高く、何かメリットが1つでもあるのか、と疑問に思います。

単純におすすめはまったくできない製品。

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。
ステアリルアルコール
コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。
セタノール

クリームではない。これはコンディショナー。



リスクいっぱいでマッサージには適さず。

販売元による宣伝文

地肌のために生まれた、h&sならではのマッサージクリーム。1分間のスペシャルケアで、地肌のべたつき・におい・かゆみ・フケを防ぐ。地肌から毛先まで、さらさらな髪へ。h&s独自の有効成分が、地肌の表面だけでなく毛穴に潜むトラブルの原因にはたらき、すっきり健やかな地肌へ導きます。弱酸性・植物由来成分配合。

h&s(エイチアンドエス) リフレッシュ 地肌マッサージクリームの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。