ハホニコ ビッツル トリートメント・ヒーティングタイプの解析結果


総合順位

623

総合得点 5点満点

2.19
  • 販売元株式会社ハホニコ
  • 英名
  • 郵便番号〒5456090
  • 住所:大阪府大阪市天王寺区北山町1-1
  • 電話番号0666278025
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
36110
  • ハホニコ ビッツル トリートメント・ヒーティングタイプの詳細情報
  • ハホニコの関連商品
  • [JANコード] 4562167340512
  • [商品ID] 478
  • [容量] 280ml
  • [参考価格] 2046円
  • [1mlあたり] 約 7.31円

ハホニコ ビッツル トリートメント・ヒーティングタイプ解析チャート

ハホニコ ビッツル トリートメント・ヒーティングタイプの解説

史上最強レベルのコーティング

ただのトリートメントではありません。

シリコンを超える耐久性を持つフッ素をメインとした超トリートメントです。



何といっても最大の特徴となっている「フッ素コーティング」を配合。

シリコンの上をいく撥水効果と耐久性を誇り、処方するのが難しいほど高い皮膜力。

加えてセラミド系保湿成分、アミノ酸、トレハロースなどが軽く保湿効果をもたらす。

この製品に関しては、ズバリコーティング命、というキューティクル再生が目的のトリートメントで、

中途半端ではなく本当にコーティングに関しては絶大な力を発揮します。

主にロングヘアで傷みがちな方や、ハードなブリーチをしてガピガピになっている方、もう諦めてばっさり切ろうと思ってる方の最終兵器として活躍するでしょう。

ここまでいくと、さすがにカラーやパーマをする時多少影響が出てきそうですが、日常のケアとしては優秀です。

ぜひ、ばっさり行く前に試して欲しい逸品です。




ハホニコ ビッツル トリートメント・ヒーティングタイプの全成分

1

2ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

3シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

4シクロメチコン

5ヒドロキシエチルセルロース

6セトリモ二ウムクロリド

4級カチオン界面活性剤です。

7アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

8(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン

9コメヌカスフィンゴ糖脂質

10セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

11グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

12グルタミン酸

13アラニン

14アルギニン

15リシン

16トレオニン

17プロリン

18パーフルオロポリメチルイソプロピル

19ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

20ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

21トレハロース

22ムラサキ根エキス

紫根抽出エキスです。抗菌・新陳代謝促進、抗炎症作用などを付与します。

23PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

24ソルビトール

25水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

26リゾレシチン

天然の界面活性剤であり、酵素を利用して低分子化し経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合されます。

27ヒドロキシプロピルセルロース

28ジココジモ二ウムクロリド

29ステアルトリモ二ウムクロリド

30ラウレス-25

31エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

32BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

33リン酸

34フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

35メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

36プロピルパラベン

販売元による宣伝文

ビッツルトリートメント、まさかこれは!とお思いの方、そうなんです『ビックリするほどツルッツル』ということでこの名前がつきました。その名前の通りツルッとした感触の仕上がりに! セラミド・アミノ酸複合体トリートメントです。 有機フッソを使用することにより、擬似キューティクルを形成し、毛髪の栄養素である水分・油分・たんぱく質を保持します。 保湿剤としてセラミドを配合しています。 ヒートプロテインの原料である機能性コラーゲンも配合。 仕上げでドライヤーを使用すると、さらに驚くツヤとくし通りになります。 ダメージで髪が絡みやすい方に最適です。

ハホニコ ビッツル トリートメント・ヒーティングタイプを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。