フォード ウォーターマトリックス CV-T トリートメントの解析結果

総合順位

178

総合得点 5点満点

1.35
成分数エキス系特効ダメ
19400
  • フォード ウォーターマトリックス CV-T トリートメントの詳細情報
  • 三口産業の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3428
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 1890円
  • [1mlあたり] 約 9.45円

フォード ウォーターマトリックス CV-T トリートメント解析チャート

フォード ウォーターマトリックス CV-T トリートメントの解説

残念な中身。

単なるリンスに頭皮ケア用のエキスを混ぜただけの、取るに足らない一品です。



単純にほとんど役に立たない程度なので、期待して買う必要はない一品です。

ほのかにさらっとして感触が一時的に良くなるのみ、持続性はなく効能も少しだけ。

控えめすぎて、肌にやさしいわけでもなく、必要性を感じない一品。

フォード ウォーターマトリックス CV-T トリートメントの全成分

1

2シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

3セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

6加水分解シルク

7アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

8ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

9ボタンエキス

ボタン科の牡丹の根から抽出。ぺオノール、ペオノリット、ペオノサイト、アラントインを含有し、消炎・血行促進作用・アンチエイジング作用を付与する。

10フユボダイジュ花エキス

シナノキ科シナノキの葉や花から得たエキスです。シナノキエキス、とも呼ばれます。タンニン、フラボノイドを含有し、抗菌・抗炎症・血行促進作用、収れん作用を付与。

11アルテア根エキス

ヨーロッパ原産のアオイ科植物のビロウドイオイの根より抽出したエキスです。抗炎症作用やヒアルロン酸分解酵素を抑制し肌の保湿力を高める働きがあります。

12アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

13グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

14プロピルパラベン

15メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

16エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

17イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

18BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

19香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ホホバオイル、ポリシロキサン配合のトリートメントです。

フォード ウォーターマトリックス CV-T トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。