フォード ピュアファクター ウォータートリートメントの解析結果

総合順位

95

総合得点 5点満点

2.1
成分数エキス系特効ダメ
19100
  • フォード ピュアファクター ウォータートリートメントの詳細情報
  • 三口産業の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3429
  • [容量] 145ml
  • [参考価格] 1400円
  • [1mlあたり] 約 9.66円
素材 
0.9
安全性
2.8
コスパ 
1.6
環境 
2.6
補修力
2.6
潤滑性
3
頭皮改善 
1.4
ツヤ 
2.2
持続性
2.8
感触 
3

フォード ピュアファクター ウォータートリートメントの解説

少し意味はある水。

まずまず肌には優しいのですが、効き目はあまり有効とはいえないちょっとした製品です。



リピジュアの配合など、ちょっとした効果は残せる部分もありますが、



ダメージ部を修復するというものではなく、ただ乗っかるだけという

あまりクオリティ的にどうかな、という製品です。

ただの水よりはずっといいのですが、買うほどのものかと、迷わせる微妙な設定。

フォード ピュアファクター ウォータートリートメントの全成分

1

2ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

5カロットエキス

6アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

7PEG-11

8メチルエーテルジメチコン

9ジメチルPABAオクチル

パラアミノ安息香酸のことです。紫外線対策に配合されることが多い成分ですが、皮膚刺激性があり、発がん性を危惧されるニトロソアミンの発生が疑われることからほとんど使われていません。

10ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

11フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

12(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー

高濃度の電解質下でも増粘可能な架橋型アクリル酸系水溶性ポリマーです

13水酸化Na

14グルタミン酸

15BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

16メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

17PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

18香料

香りづけ。

19橙205

販売元による宣伝文

カロットエキスを配合したヘアサロン専売品トリートメントです。カラーリングによる髪のカサつき、パサつきを抑え、色合いを長く保ち、サラッとナチュラルに仕上げます。

フォード ピュアファクター ウォータートリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。