エクスグレイト ヘアエステパックの解析結果

エクスグレイト ヘアエステパック

総合順位

87

総合得点 5点満点

3.17
成分数エキス系特効ダメ
37010

エクスグレイト ヘアエステパック解析チャート

エクスグレイト ヘアエステパックの解説

保湿効果の高い、少し面白い一品といえます。

面白い、というのは、保湿成分の種類があまり見かけないような成分と、やや機能性の高いものを採用しているところです。

なかでも発酵蜂蜜などおもしろい保湿成分がユニークさを感じさせ、かつ仕上がりに違いを見せるポイントとなっていますね。

総合すると、

保湿効果、潤滑性を求めるならば悪くない選択肢の1つといえます。

毛髪の表面を綺麗に整え、ナチュラルな保湿成分で包み込み感触の良い仕上がりとなるでしょう。

例えば、髪のボリュームが気になる、髪の乾燥が気になるといった方には間違いなく好感度の高い内容といえます。

ヘアパックというカテゴリーの中では、なかなかオススメな商品と紹介できます。

エクスグレイト ヘアエステパックの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ベヘントリモニウムメトサルフェート

非常に効果的な4級カチオン界面活性剤です。毛髪のまとまりを向上させる。水に分散する。ソフトで快適な櫛通り。

6ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

7テトラオクタン酸ペンタエリスリチル

8アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

9アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

10セラミド2

11スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

12グルコノバクター/ハチミツ発酵液

発酵によってハチミツに本来含まれる保湿作用のみならず、グルコン酸が古い角質を温和に除去し、代謝を促進。

13加水分解コラーゲン

14トレハロース

15ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

16加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

17脂肪酸(C14-28)

18分岐脂肪酸(C14-28)

18-MEAを構成する脂肪酸。

19コレステロール

羊毛脂由来の成分で、ラノリンに多く含まれる。保湿効果を付与。

20クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

21ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリルリチル

22脂肪酸(C10-30)

23(コレステリル/ラノステリル)ジカプリル酸PG

24シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

25エチドロン酸

26ミリスチン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤、可溶化剤。

27BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

28水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

29イソステアリン酸フィトステリル

エモリエント作用、乳化安定

30ラウリン酸ポリグリセリル-10

親水性乳化剤。ニキビの原因アクネ菌の殺菌にも役立つ。

31ポリクオタニウム-92

・ポリクオタニウム-92は別名セラキュートで、セラミドを模倣した構造でベタつきのない良質な使用感とより自然なツヤを与えます。

32エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

33カプリル酸グリセリル

・カプリル酸グリセリル、これだけで防腐剤として使われたりもしますが、単独ではやや弱いので配合量が多くなったりする可能性も。

34トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

35メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

36プロピルパラベン

37香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

高いダメージ補修力の『ナノセラミドオイル』、高パック力の『スクワランオイル』のW美髪オイルエステ成分を配合したトリートメント インバスタイプです。高保湿力の『ローズハニー』との融合で、高い補修力と保湿力で髪の芯までケアします。オイルトリートメントでしっかりパックして美しい髪に仕上げます。癒しのローズハニーの香り。

エクスグレイト ヘアエステパックの関連商品

エクスグレイト ヘアエステパックを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。