ダヴィネス オーセンティックネクター の解析結果

総合順位

772

総合得点 5点満点

2.48
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
205000

ダヴィネス オーセンティックネクター 解析チャート

ダヴィネス オーセンティックネクター の解説

徹底した考え方に基づいた低刺激処方。

非イオン界面活性剤と両性界面活性剤がほとんどを占めているため、極めて肌にマイルドな洗浄剤であることは明白です。

どちらかというと、ベビーシャンプーにも似たマイルド感がとても強い一品でしょう。

防腐剤にいたるまで、いわゆる評判の悪いものは排除して(実際毒性があるかは別)、徹底した低刺激処方で構成された一品です。

泡立ちはまずまず期待できるので全く洗った感がないということはありません。

わりとさっぱりとした感触で仕上がる点は使用感も悪くないといえます。

極めて低刺激処方のシャンプーでないと肌に合わない、という方にとってはまさに最大級に嬉しい設計のシャンプーです。

まずまずのコンディショニング作用も期待され、ダメージ毛も難なく洗いあげることでしょう。



いわゆるベビーシャンプーのような括りで考える一品であり、印象は良いマイルドタイプな内容です。

ダヴィネス オーセンティックネクター の全成分

1

2デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

3コカミドMIPA

ヤシ油脂肪酸のモノイソプロパノールアミド。非イオン界面活性剤で、泡立ちや洗浄力の補助剤として用いられる。

4ココイルイセチオン酸Na

ヤシ油脂肪酸とイセチオン酸のエステルをナトリウムで仕上げた界面活性剤です。イセチオン酸とは、分子内にヒドロキシル基とスルホン酸基を有する2官能性の化合物。比較的洗浄性が高く、適度にさっぱり感を付与します。

5(カプリリル/カプリル)グリコシド

6ラウロアンホ酢酸Na

両性界面活性剤で、非常に低刺激で泡立ちがよく、主洗浄剤の助剤として用いられます。ベビーシャンプーのようなマイルド志向の製品などに採用されます。

7ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

8グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

9サフラワー油

10ラウロイルカラスムギアミノ酸Na

低刺激性のアミノ酸系界面活性剤。匂いが少なく、汚れや整髪料があっても泡立ちが衰えない。

11オレイン酸グリセリル

12ヤシ油アルキルグルコシド

13グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

16ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

17安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

18リモネン

19リナロール

20香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

オイル配合で、泡立ちの心配や髪のゴワつきを感じさせないオーガニックシャンプーです。洗い上がりはさっぱりと、適度な潤いを残します。レモン、ベルガモット、マンダリン、ユーカリ、ゼラニウム、シダーウッドローズ、ネロリ、オレンジブロッサムの香り。

ダヴィネス オーセンティックネクター の関連商品

ダヴィネス オーセンティックネクター を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。