コラージュフルフルリンスS なめらか処方の解析結果

総合順位

1035

総合得点 5点満点

1.94
成分数エキス系特効ダメ
18000
  • コラージュフルフルリンスS なめらか処方の詳細情報
  • 持田製薬の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 559
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 2940円
  • [1mlあたり] 約 7.35円

コラージュフルフルリンスS なめらか処方解析チャート

コラージュフルフルリンスS なめらか処方の解説

何の特徴もないリンスです。

危険性は低いから、と言われるかもしれませんが、もっと何倍もマイルドな成分はいくらでもありますので、特にフルフルのような製品には低刺激を基本にしてもらいたいものです。

以降には、ベタイン、タンパク、アミノジメチコン、揮発性シリコンなど。

基本的には普通です。いたって普通。

何か特徴(低刺激とか、髪を補修するとか)があるわけでもなく、ただひたすらリンスです。

PGトップなので潤いを感じる、という面もあるかもしれませんが、刺激性が比較的高く、あまりおすすめはしません。

コラージュフルフルリンスS なめらか処方の全成分

1

2PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

3ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

6ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コムギタンパク

7アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

8シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

9ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

10シクロメチコン

11ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

12ステアリン酸グリセリル

13ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

14トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

17イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

18メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

販売元による宣伝文

髪をしっとり洗い上げたい時に、髪にうるおいを与える低刺激リンスです。清潔な髪をなめらかにする、コンディショニングタイプ。髪をリッチに仕上げます

コラージュフルフルリンスS なめらか処方を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。