カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 スカルプシャンプー デオドラントタイプの解析結果

カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 スカルプシャンプー デオドラントタイプ

総合順位

1673

総合得点 5点満点

1.4
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
293600
  • カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 スカルプシャンプー デオドラントタイプの詳細情報
  • カインズホームの関連商品
  • [JANコード] 4549509404682
  • [商品ID] 6842
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 598円
  • [1mlあたり] 約 1.5円

カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 スカルプシャンプー デオドラントタイプ解析チャート

カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 スカルプシャンプー デオドラントタイプの解説

クレンジング引き締め系シャンプー

コストは安いが収れん効果は効きそう。

基本的にラウレス硫酸Naシャンプーで、市販シャンプーのよくあるタイプの1つです。が、違いがあるといえば柿タンニンや硫酸亜鉛などの引き締め成分。これによって汗、皮脂の過剰な分泌を抑制するという作用が期待されます。その他のエキス類も含めて、スカルプケア系の意図がよく伝わってくるシャンプーです。



素材自体はコストの安いものを使っているなぁ、という以上のものではありませんが、全体的なベクトルがスカルプケアに向いているため相性が合えば使える一品と感じることもありそう。

泡立ちは強く、洗浄力も強く、皮脂を除去するだけでなく分泌も抑える効果があり、清涼感があり、育毛効果もわずかながら期待できます。そんな特徴が処方に一貫している点は評価できるでしょう。



もちろん、この洗浄力は通常強すぎるので、あまりオススメということはありません。ただし、汚れが多い、整髪料をよく使う、脂漏性皮膚炎であるといったケースではこのくらいのほうが効率が良いケースもあるでしょう。

エキス類の効能は頭皮コンディションの向上に多少役立ちます。とにかくガシガシ洗う必要があり、かつ頭皮を爽やかな状態に保ちたい、という場合は好ましく感じる可能性も。

通常はさほどオススメという印象ではありませんが。

カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 スカルプシャンプー デオドラントタイプの全成分

1グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4ラウリン酸アミドプロピルベタイン液

ラウラミドプロピルベタインのことです。両生界面活性剤できめ細かい泡質であったり、使用感の良さが特徴です。単体で使われるよりは、他の界面活性剤の補助役として配合されることが多いです。

5柿タンニン

6シソエキス(1)

7チャエキス(1)

緑茶のエキスです。カテキンを豊富に含み、抗酸化・消臭・殺菌作用などを示します。

8ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

9カンゾウエキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

10クマザサエキス

イネ科ササ属のクマザサの葉から得られるエキスです。多糖類のバンフォリンや各種ビタミン類などを豊富に含み、アクネ菌の抑制にも効果あり。防腐作用があり、笹団子、笹寿しなど食品の防腐剤代わりにも古くから使われています。

11セージエキス

シソ科セージ(サルビア)の葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。ソーセージの語源にもなったと言われる。

12メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

13濃グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

14BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

15エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

16ジステアリン酸エチレングリコール

・ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。

17塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース

ポリクオタニウム-10と呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

18EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

19メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

20プロピルパラベン

21ブチルパラベン

22エチルパラベン

23フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

24ジエチレングリコールモノエチルエーテル

25グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

26クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

27硫酸Zn

=硫酸亜鉛。

28香料

香りづけ。

29pH調整剤

販売元による宣伝文

●【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム配合
【保湿成分】柿しぶエキス(柿タンニン)配合
【清涼成分】メントール配合
●コンディショナーイン、毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ、ふけ・かゆみを防ぐ、家族みんなですっきり防臭
●シトラスフローラルの香り

カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 スカルプシャンプー デオドラントタイプを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。