カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 ボディソープ デオドラントタイプ
カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 ボディソープ デオドラントタイプ

総合順位

99

総合得点 5点満点

1.85
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
173000
  • カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 ボディソープ デオドラントタイプの詳細情報
  • カインズホームの関連商品
  • [JANコード] 4549509404651
  • [商品ID] 6843
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 598円
  • [1mlあたり] 約 1.2円
カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 ボディソープ デオドラントタイプ解析チャート

カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 ボディソープ デオドラントタイプの解説

殺菌と脱脂とアルカリと・・

シンプルに良くない、という印象のボディソープです。



意図はわかります。強い脱脂力をベースに収れん作用、殺菌作用を併用して体臭を防ぐという狙いを強く感じさせます。しかし、そこに至るまでのアプローチは少々、いや、結構強引です。



ベースの石鹸はアルカリ性を強制してしまい、ラウレス硫酸Naによる洗浄力のアップと泡立ちの継続性、イソプロピルメチルフェノールの殺菌力が肌に負担を掛けます。

非常に強い洗浄力が肌の乾燥を招くのはわかりやすいですが、石鹸のアルカリが保湿因子を非常に効率よく溶出させてしまいます。洗浄+アルカリで肌のバリア効果を普通よりも破壊してしまうのですね。そして殺菌によって肌の常在菌も除去すれば、肌がセラミドを生成したり、弱酸性に戻す能力も長時間奪ってしまう懸念があるのですね。



ボディソープとしては招かれざるデメリットを持ちすぎているといえるでしょう・・

これが役に立つケースというのは、現在進行系で除菌の必要がある、もう細菌が繁殖しすぎて体臭臭いすぎ状態、というようなケースで使うと即効性のある効果を見せますが、そうでない人には副作用だけを肌に与えるようなものですので、よくよく考えて選択すべき商品の1つといえるでしょう。

ワキガ、汗臭、ミドル脂臭のような体臭に適した製品ですが、根本的に治すようなタイプではなく、まさに対症療法という形になります。

あぁ、肌に良くないことが次々に折り重なったボディソープ。。

販売元による宣伝文

●【有効成分】イソプロピルメチルフェノール配合
【保湿成分】柿しぶエキス(柿タンニン)配合
●気になる汗臭・体臭を防ぐ(殺菌・消毒)
●シトラスフローラルの香り
カインズ 薬用 柿しぶエキス配合 ボディソープ デオドラントタイプの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。