バルクオム THE TONER 高保湿化粧水の解析結果

総合順位

87

総合得点 5点満点

2.83
成分数エキス系特効ダメ
20410
  • バルクオム THE TONER 高保湿化粧水の詳細情報
  • の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6860
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 3240円
  • [1mlあたり] 約 16.2円

バルクオム THE TONER 高保湿化粧水解析チャート

バルクオム THE TONER 高保湿化粧水の解説

ほぼリンゴ果実培養細胞エキスのみに期待の化粧水。

最低限の保湿やサラッとした感触を与える効果はありますが、内容的に注目すべきポイントは「リンゴ果実培養細胞エキス」のみと言っていいでしょう。

「リンゴ果実培養細胞エキス」は簡単に言えばエイジングケア効果がぎっしり詰まったエキスのようなもので、リンゴが傷んで変色するのを防ぐ役割を担っていると言われます。これが、肌のエイジングケアにも有効では?ということで使われるようになったものです。

もう、この成分以外はほとんど見どころありませんから、「リンゴ果実培養細胞エキス」の効能が効くのか?それが目的と合致しているのか?という点だけ留意すればよいでしょう。



基本的に肌が酸化ダメージを受けるのを防いだり、皮脂の分泌を調整してくれたり、いわゆる整肌作用が充実している(はず)です。成分の期待値からすればコスト的にも高いということはありませんが、実際使ってみて肌と相性が良いかどうか試す価値はありそうですね。

ごくシンプルで一見すると凡庸な化粧水ですが。。

バルクオム THE TONER 高保湿化粧水の全成分

1

2BG

3グリセリン

4トレハロース

5リンゴ果実培養細胞エキス

6温泉水

7ユズ果実エキス

8チャ葉エキス

9セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

10加水分解シルク

11グリセリルグルコシド

121,2-ヘキサンジオール

13キサンタンガム

14レシチン

15PEG-60水添ヒマシ油

16水酸化Na

17グリシン

18エタノール

19フェノキシエタノール

20香料

販売元による宣伝文

乾きやすい男の肌に。

乱れた水分バランスを整え、潤いに満ちた実感を。

男性の肌は、乾きやすい。
その事実と向き合うことで生まれた、“THE TONER"。

角質層のすみずみに潤い成分を浸透させるだけでなく、
その潤いを一定に保つ「トレハロース」を配合。
水分バランスの崩れやすい男性の肌のために作られた、
シェービング後もしみにくく、軽いつけ心地の低刺激化粧水です。


【開発者のこだわり】

《1. 補給力》

日本最古の美肌の湯として知られる出雲の“玉造温泉水"が
肌の角質層のすみずみまで水分を送り込み、ハリと潤いを与えます。

《2. 保湿力》

復活の木と呼ばれ、水分を一定に保つ性質がある“グリセリルグルコシド"と、
生命(いのち)の糖とも呼ばれ水分保持力に優れた
“トレハロース"が角質層に行き渡った水分をしっかり留めます。

《3. 心地よい使用感》

サラッとした心地よい使用感なのに、
美容成分が自然な皮膜を作り、
潤いを実感できます。


━━━━━━━━━━━━━━━━


"THE BASIC MEN

    バルクオム THE TONER 高保湿化粧水の関連商品

バルクオム THE TONER 高保湿化粧水を実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。