ビーエスセレクト ハーブサプリ ナチュラルトリートメントの解析結果

総合順位
1406
総合得点 5点満点
1.69
成分数エキス系特効ダメ
40911

ビーエスセレクト ハーブサプリ ナチュラルトリートメントの詳細情報

[製造販売元] 三口産業

[商品ID] 306
[容量]350ml
[参考価格]1944円
[1mlあたり] 約5.55

素材 

1.6

安全性
3.4

コスパ 

1.8

環境 
2.6

補修力

1.1

ツヤ 

1.8

感触 
2.9

ビーエスセレクト ハーブサプリ ナチュラルトリートメントの解説

効果の低い油分補給。

頭皮も同時にケア、というわりには、頭皮にやさしいわけではないのが痛い。

ベヘントリモニウムクロリドのようなカチオン界面活性剤も平然と配合されていますし、ステアリン酸グリセリル(SE)は石鹸で自己乳化しているので、こちらも頭皮を脱脂するような働きが。

エキスの質がどうという以前に、話にならないベース構成であります。

ビーエスセレクト ハーブサプリ ナチュラルトリートメントの全成分

1

2トリエチルヘキサノイン

酸化安定性に優れ、さっぱりした感触のエステルオイルです。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ミリスチン酸イソプロピル

低粘性でさっぱりした使用感のエステルオイル。

5セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

6ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

7ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

8ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

9加水分解シルク

10セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

11グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

12グルタミン酸

13アラニン

14リシン

15アルギニン

16トレオニン

17プロリン

18ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

19PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

20ソルビトール

21センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

22コンフリー葉エキス

23オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

24クララ根エキス

マメ科クララの根から抽出したクジン(苦参)とも呼ばれるエキスです。アルカロイド、フラボノイド、ステロールなどを含み、血行促進・抗酸化作用などを中心としてアンチエイジング作用、整肌作用を付与します。

25ショウガ根エキス

・ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。

26カワラヨモギエキス

27オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

28ユーカリ葉油

29ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

30ウイキョウ果実油

31スペアミント油

32ティーツリー葉油

・ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。

33ワイルドタイムエキス

シソ科タチジャコウソウの地上部から水、 エタノール、グリコール類などによって抽出されて得られたエキス。精油、サポニン類を含んでいます。また、ワイルドタイムエキスは、植物エキスの中でも最高峰のフィラグリン産生促効果をもっています。フィラグリンとは、天然保湿因子(NMF)の元になるタンパク質です。 皮膚中に含まれるフィラグリンを増やすことは、お肌に天然保湿因子を自力生産させ、肌本来の潤いを取り戻すことにつながると考えられています。

34マヨラナ葉エキス

マジョラムとも呼ばれます。シソ科、ハナハッカ、マージョラムなどの別名も。ヒアルロン酸の産生を促進する効果があり、肌シワの軽減を期待。

35クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

36エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

37BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

38フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

39メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

40プロピルパラベン

メーカーの紹介文

14種類の天然ハーブを配合したハーブミックス処方のノンシリコントリートメントです。髪、頭皮を同時にうるおいケアするヘッドスパタイプ。天然アロマハーブの香り。

ビーエスセレクト ハーブサプリ ナチュラルトリートメントの関連商品

ビーエスセレクト ハーブサプリ ナチュラルトリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。