AXI 薬用シャンプーM の解析結果

総合順位

870

総合得点 5点満点

2.26
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
275300

AXI 薬用シャンプーM 解析チャート

AXI 薬用シャンプーM の解説

医薬部外品ということですが、

グリチルリチン酸2Kが入っているから、という理由のみで医薬部外品表示となっているような製品で、

とりたてて圧倒的な何かがあるわけではありません。



洗浄剤はわりと低刺激ですが、オレフィンスルホン酸Naの泡立ち補助だったり、シリコーンポリマーを配合したりと、

どちらかと言うと使用感を重視したシャンプーであって、品質がとても高いということはないのです。



比較すれば、平均的なシャンプーに比べると多少クオリティは高い部類と言えます。

しかし、何をさせても中途半端な印象は消えず、特徴のない曖昧な仕上がりになってしまっていることは残念と言わざるを得ないでしょう。

惜しい感じのする、中の上くらいのシャンプーです。

AXI 薬用シャンプーM の全成分

1グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

2ラウリン酸アミドプロピルベタイン液

ラウラミドプロピルベタインのことです。両生界面活性剤できめ細かい泡質であったり、使用感の良さが特徴です。単体で使われるよりは、他の界面活性剤の補助役として配合されることが多いです。

3ラウロイルメチル-β-アラニンNa液

中性アミノ酸系洗浄剤。アミノ酸系の中でも比較的洗えるタイプで、コンディショニング効果も付与するさっぱり系の仕上がり。 洗浄性と使用感のバランスが良いのが特徴。アミノ酸系独特のしっとり感が苦手な場合はこの成分ベースの物を選ぶと合うはずだ。

4ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液

酸性アミノ酸系洗浄剤。非常にソフトでエモリエントなたっちが特徴だが、泡立ちはアミノ酸系の中でも最も乏しい部類。そのソフトな洗浄性とバランスを取るためには泡質の向上や粘度を保つといった要素を他に委ねる必要あり。

5テトラデセンスルホン酸Na液

オレフィンスルホン酸Naのこと。ラウレス硫酸ナトリウムなどと同レベルの高い脱脂力を持ち、強いクレンジング力、強い泡立ちを欲する際に使われます。肌や髪に負担がやや高く、ケアを重視したい場合は避けたい。

6DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

7ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

8POE(20)ヤシ油脂肪酸ソルビタン

9ステアリン酸グリコール

10塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース

ポリクオタニウム-10と呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

11粘度調整材

12アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン,ジメチルシロキサン共重合体

13POEアルキル(12〜14)エーテル

14グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

15pH調整剤

16メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

17プロピルパラベン

18香料

香りづけ。

19マカデミアナッツ油

20キナエキス

21クララエキス-1

苦参とも呼ばれる苦味成分が特徴で、発毛・収斂・抗菌・血行促進作用などを期待されます。

22シナノキエキス

フユボダイジュエキスとも呼ばれるエキスです。タンニン・フラボノイドを含み、血行促進、収斂、抗炎症作用などを付与。

23センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

24DNA-Na

25メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

26無水エタノール

無水エタノールとは、エタノールを99.5vol%以上含有するということです。消毒用エタノールは76.9~81.4vol%含有。

27BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

販売元による宣伝文

ふけ・かゆみを防ぐ。毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。毛髪・頭皮を洗浄する。毛髪・頭皮をすこやかに保つ。

AXI 薬用シャンプーM を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。