アマトラ アイック パックの解析結果

総合順位

1869

総合得点 5点満点

1.3
成分数エキス系特効ダメ
491000
  • アマトラ アイック パックの詳細情報
  • アマトラの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 75
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 3990円
  • [1mlあたり] 約 15.96円

アマトラ アイック パック解析チャート

アマトラ アイック パックの解説

リンスに毛の生えた程度の低クオリティ品です。

ベースはややしっとり系寄りの作り方。

そこにリピジュア、白金、糖、アミノ酸、保湿系エキスなどを配合。

全体的には非常にマイルドな作用のコンディショナーといった印象で、

これは値段なみの効果は期待できない。

ほのかな保湿、さらさら感があるが、そこまで長持ちしないので儚い効き目に終わりそう。

悪くはないが、この値段を出すのならもう少し期待してしまう。

そこらへんのバランス的に評価が上がらない。

アマトラ アイック パックの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

6イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

7ジカプリル酸PG

難溶性製剤の溶解に。

8トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル

低粘性のエステルオイルで、ベタつきがなく非常に延びのよい軽いタッチが特徴。酸化安定性にも優れており、化粧品などのベースオイルとして使われています。

9PPG-52ブチル

10BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

11白金

高い抗酸化作用を示す、特に酸化触媒として働く。

12プロパノール

13ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

14ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

15PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

16ソルビトール

17セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

18グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

19グルタミン酸

20アラニン

21リシン

22アルギニン

23トレオニン

24プロリン

25乳酸Na

26アスパラギン酸

27PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

28バリン

29イソロイシン

30ヒスチジン

31フェニルアラニン

32フムスエキス

33ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

34オドリコソウエキス

・オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。

35ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

36セイヨウキズタエキス

ウコギ科西洋木蔦から得たエキスです。サポニン、フラボノイドを含み、抗炎症・抗菌・抗酸化作用・清浄作用を付与します。

37アルニカエキス

キク科植物であるアルニカの花・根から得たエキスです。カロチノイド、タンニン、トリテルペノイド、サポニン、フラボンなどを含み、血行促進・抗酸化・抗炎症・抗菌・収れん作用などを付与します。

38オランダカラシエキス

セリ科オランダカラシから得たエキス。辛味配糖体シニグリン(ミロン酸カリウム)やビタミン類を含み、血行促進作用、抗菌作用、発毛・皮膚細胞活性化作用があるとされます。

39ニンニクエキス

ユリ科ニンニクのエキスです。高い抗菌作用と血行促進作用をプラスします。

40ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

41セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

42ポリソルベート80

43メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

44プロピルパラベン

45メチルパラベンNa

46フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

47オレンジ油

オレンジの果皮から得たオイルで、ビタミンA,B,C,Eやフラボノイドなどを含有し、美白作用、殺菌作用、整肌作用などを付与する。また、脱脂力も有するのでクレンジングの助剤として使われることも。原液でなければさほど心配いらないが、光毒性を僅かに持つためにその点は注意が必要。

48シトラール

49マンダリンオレンジ果皮油

販売元による宣伝文

毛髪内部のたんぱく質の偏りやダメージを高級アミノ酸とフルボ酸で、髪質改善。プラチナ、リピジュア、天然植物成分が、髪の内部から表面までしっかり補修。クセなどの広がり、うねり、パサつきなどを落ち着かせ、頭皮保護効果もあります。よく泡立ち、きれいに洗い上げ、毛先のパサつき、クセを落ち着かせる湿気のある日でも髪がサラサラ。セットの時間が早くなり、1日中くずれない。さわやかな柑橘系・マンダリンの香り。シリコンフリー。

アマトラ アイック パックを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。