アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク

総合順位

10

総合得点 5点満点

4.14
成分数エキス系特効ダメ
60920
  • アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルクの詳細情報
  • ステラシードの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 7056
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 972円
  • [1mlあたり] 約 9.72円
アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク解析チャート

アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルクの解説

超速で違いを生み出すが、安全性は・・

バター感による髪のまとまりはもちろん、ツヤ感の向上や指通りの向上、さらには補修効果に至るまで実にバラエティに富んだリペア効果を付与するヘアミルク。

アハロバターならではの多種多様な油脂の数々が髪に段違いなまとまり感を生み、単に表面的な効果にとどまらず、髪の内部にまで補修効果を届けようとしている点が違いと言えます。



シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、メドウフォーム-δ-ラクトンといった補修浸透系やセラミドの補修能、クオタニウム-33がキューティクル補修、リピジュアの安全性と親和性の高い保湿効果と、ヘアートリートメントなみに髪の好影響を期待できる内容となっています。



ただし、よいことばかりでもない



補修成分以外にも質の高い天然素材由来の成分を多種配合したヘアミルク。髪へのまとまりはもちろん、香りや独特なタッチが期待できる好ましい製品であると言えます。

ただし、ヘアミルクという構造上、界面活性剤が少なからず配合されているという点は無視できません。 イソステアリン酸PEG-25グリセリル、イソステアリン酸PEG-10グリセリル、PEG-200水添ヒマシ油あたりですね。これら非イオン界面活性剤類はイオン化しないという意味では肌への刺激がありませんが、脱脂されるという意味では肌バリアに多少問題をもたらし得ます。そしてもっと悪いのが、セトリモニウムクロリド。4級カチオン界面活性剤ですね。カチオン界面活性剤によるタンパク変性作用は洗浄系の界面活性剤のリスクに比べ圧倒的に怖い存在です。洗浄剤がある意味汚れをはがしとる役割なのに対し、カチオン界面活性剤はくっつくイメージです。ただでさえタンパク変性作用が強い特徴をもつ成分が、肌や髪に吸着して持続的に悪影響を及ぼします。

この成分は洗い流すことでメリットだけを残すという使い方ができますが、 ヘアミルクのような洗い流さない製品に配合されているとデメリットを排除することができません。配合量が圧倒的に少ないことで危険性を最小化していますが、それでもリスクが確かにそこにあるという点は否定できません。



大きいメリットとリスクどちらを見るか



慎重に髪にだけ作用させるという使い方をすれば役立つこと間違いなしですが、肌の弱い人や肌を傷めたくない人にとっては少し怖いなという部分があります。カチオン界面活性剤の配合によってつけるや否や髪がサラサラになるといった効果を得られますが、 この処方は肌の弱い人にとってはありがたいとは言いづらいでしょう。全成分表を見てわかるとおり配合量としては最小限の部類に入っています。なので使っても悪影響を感じない方が多いとは思います。

肌の状態が良くない方や肌が強くない方に関しては、少し気をつけるべきというレベルの問題と言っていいでしょう。

その部分を極端に気にしなければヘアミルクとしては大変優秀であるという実感を得られる可能性高めです。





ハチミツ アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
ハチミツ 保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。


フェノキシエタノール アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
フェノキシエタノール 防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。


ラベンダー花エキス アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
ラベンダー花エキス シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。


ローズマリー葉エキス アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
ローズマリー葉エキス 抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。


カミツレ花エキス アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
カミツレ花エキス アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。


モモ果汁 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
モモ果汁


アルガニアスピノサ核油 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
アルガニアスピノサ核油 アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。


ゴレンシ葉エキス アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
ゴレンシ葉エキス ・ゴレンシ葉エキスはスターフルーツの葉から抽出したエキスで、コラーゲン産生促進、コラーゲン保護作用、美白作用といった抗老化作用を付与。


シア脂 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
シア脂 シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。


シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール 両親媒性型のエステル油で、水溶性有効成分の浸透促進効果、スピーディーなクレンジング効果、べたつきが少なく、軽い感触に仕上げる作用があります。


アサイヤシ果実油 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
アサイヤシ果実油 ポリフェノール類やタンニン類を多く含み、抗酸化作用によるエイジングケア能を付与します。


ジメチコン アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
ジメチコン ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。


グリセリン アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
グリセリン 肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。


イソプロパノール アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
イソプロパノール エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。


BG アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
BG 1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。


ヒマワリ種子油 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
ヒマワリ種子油 リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。


アボカド油 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
アボカド油 オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。


ホホバ種子油 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
ホホバ種子油 イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。


メドウフォーム-δ-ラクトン アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
メドウフォーム-δ-ラクトン 加熱により毛髪ケラチンのアミド結合を形成します。この結合は疎水性相互作用より強力に髪へ吸着し、毛髪の疎水性の強化を促す。


ホホバ脂 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
ホホバ脂


マカデミア種子油 アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルク
マカデミア種子油 パルミトレイン酸含有量の多い、皮脂に近いトリグリセライド。肌を保護したり、馴染み・感触の良い油分補給効果を付与。

ちょっとリスキーな面もあるが、ヘアミルクの性能は高い



まとまり感とリペア効果がよい

アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルクの全成分

  1. シクロペンタシロキサン
  2. イソノナン酸イソノニル
  3. ジメチコン
  4. カカオ脂
  5. シア脂
  6. アストロカリウムムルムル種子脂
  7. ホホバ脂
  8. テオブロマグランジフロルム種子脂
  9. アフリカマンゴノキ核脂
  10. アーモンド油
  11. アルガニアスピノサ核油
  12. ホホバ種子油
  13. アボカド油
  14. マカデミア種子油
  15. アサイヤシ果実油
  16. ヤシ油
  17. オプンチアフィクスインジカ種子油
  18. マンゴー種子油
  19. ククイナッツ油
  20. プルケネチアボルビリス種子油
  21. ヒマワリ種子油
  22. スクワラン
  23. ハチミツ
  24. メドウフォーム-δ-ラクトン
  25. アルギニン
  26. オクチルドデカノール
  27. グリセリン
  28. シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
  29. モモ果汁
  30. 乳エキス
  31. ゴレンシ葉エキス
  32. ポリクオタニウム-61
  33. ラベンダー花エキス
  34. ローズマリー葉エキス
  35. カミツレ花エキス
  36. クオタニウム-18
  37. 乳糖(牛乳)
  38. スフィンゴミエリン(牛乳)
  39. ガーデニアタイテンシス花エキス
  40. クオタニウム-33
  41. ココイルアルギニンエチルPCA
  42. コレステロール(羊毛)
  43. セラミドNG
  44. セラミドNP
  45. セラミドAP
  46. ポリクオタニウム-37
  47. イソステアリン酸PEG-25グリセリル
  48. イソステアリン酸PEG-10グリセリル
  49. PEG-200水添ヒマシ油
  50. 水添ココグリセリル
  51. トコフェロール
  52. ジメチコノール
  53. クエン酸
  54. BG
  55. セトリモニウムクロリド
  56. イソプロパノール
  57. PG
  58. フェノキシエタノール
  59. 香料

販売元による宣伝文

マンゴー種子油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油等、13種の植物オイルとハンガリー産アカシアはちみつを、3種 のミルク由来成分*8で仕立てた、濡れた髪にも乾いた髪にも使えるバター成分配合ヘアミルク。 1プッシュを乾燥が気になる箇所になじませながら塗布。さらさらのテクスチャーでべたつき ません。
アハロバター リッチモイスト バターとハニーのうるうるヘアミルクの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。