ビジュロワ カラーラスタードレスの解説

名前が嘘。

カラー後の髪のケア用だということは明らかなネーミング。

ただし、実際にはカラー毛を理想的にケアするわけではない、実に気休め感の強い製品でした。

油分補給・ツヤ出し、その程度の浅い効能が乗るのみで、

一般的なヘアケア剤より質素なレベルではないか。



値段だけは一人前ながら、中身のクオリティのなさに唖然とするよりありません。



カラー毛をケアするなら、本来pHの調整だとか、過酸化水素除去するとか、そもそもダメージを補修するとか、色々とやることはありそうなものですが、

何もない!

ビジュロワ カラーラスタードレスの全成分

1LPG

2水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

5香料

香りづけ。

6

7アンズ核油

杏仁豆腐の原料でおなじみです。オレイン酸含有量の多いトリグリセライド。エモリエント作用。

8アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

9ホホバ種子油

10ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

11トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

12ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

13BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

メーカーの紹介文

植物由来の宝石『琥珀』から抽出したオイルを配合。
天然琥珀オイルがツヤ感を補い自然で美しい髪へと導きます。
ミストタイプなので手を汚さず自在にツヤ感・さらさら感を演出します。
つややかで指通りのよいさらさら質感がお好みの方へ。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。