EraL (イーラル) ピュアトリートメントの解説

潤い感と低刺激が特徴な一品。


第一印象はマイルド。

そこに保湿・滑らか成分が加わって印象的な使用感となっています。


肌の弱い方にとっては嬉しいタイプといえるでしょう。


ノンシリコンでカチオン界面活性剤が弱めでも潤滑性が良い構成です。


わりと滑らかに仕上がり肌にも優しく、まずまず良く出来た内容といえるでしょう。


さほど強力なコンディショニング効果は期待できませんが、マイルド重視系のわりには健闘しているとみていいでしょう。


さすがに金額は割高感を感じさせますが。


EraL (イーラル) ピュアトリートメントの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

4チンピエキス

チンピエキスは温州みかんの皮から抽出したエキスです。抗炎症作用や血行促進効果、毛細血管強化作用があるため、肌荒れ防止や育毛目的で配合されます。

5グルタミン酸

6アーモンド油

オレイン酸リッチなトリグリセライド。エモリエント効果。

7ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。

8ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl

アルギニンのグリセリン誘導体と呼ばれる成分で、アルギニンの高い吸着力を活かして毛髪や皮膚に保湿効果を与える。潤滑性も優れ、ダメージ部の補修効果が高い。

9ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

10加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

11オレイルアルコール

12乳酸

13サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

14BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

15エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

16エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

17安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

18香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

シリコーンフリーで肌にやさしいトリートメントです。
髪のコンディションを整え、なめらかに仕上げます。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。