アロマキフィ アウトバストリートメントの解析結果

総合順位
149位
総合得点 5点満点
2.37
成分数エキス系特効ダメ
6000

アロマキフィ アウトバストリートメントの詳細情報

[製造販売元] ガイア・エヌピー

[商品ID] 189
[容量]100ml
[参考価格]1890円
[1mlあたり] 約18.9
素材
46%
安全性
40%

コスパ 

22%

環境 
60%
補修力
54%
ツヤ 
54%
感触 
52%

アロマキフィ アウトバストリートメントの解説

さらっとまとまり香り楽しめます
シリコーンに類似した働きを持つカプリル酸ヤシ油アルキルをベースに、ドデカン(ヤシ油由来)、ツバキ油、アンズ、シアバターで構成。


ヤシ油の主成分であるラウリン酸の特性として「サラッとした感触」がありますが、その特性を活かした内容といえるでしょう。


さらに、ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル、シア脂は、肌に塗ると溶けて浸透する感触の良いエモリエント剤。

紫外線吸収効果も。


アロマキフィといえばアロマの香りも無視するわけにいきません。


全体としては、シリコンに似てるならシリコン入れればいいのに。

と思ってしまったのですが、ノンシリコンを標榜しているためにこのような造りになったのだと思います。


しかし、ダメージ部を補修するような機能はなく、あくまでもオイルトリートメントであり、機能的とはいえません。


シリコンに似ていても、シリコンのような芸当の幅広さは期待できず、この製品をあえて使うべき理由が見いだせません。


ノンシリコンの1つの方法としては新しい試みで、その点は面白いのですが。


アロマキフィ アウトバストリートメントの全成分

1カプリル酸ヤシ油アルキル

天然成分由来のエステルオイルです。ベタつきのない、軽い感触でさらっとした仕上がりを与えます。

2ドデカン

炭化水素です。炭素数12の石油から精製されるナフサのいち成分としても知られますが、化粧品では植物由来のドデカンをよく使われます(構造性質は石油由来のものと同一)。ベタつきがなくさらっとした感触や艶を与える成分です。飽和脂肪酸なので酸化しにくく、安定して無色無臭です。

3ツバキ油

4アンズ油

5

6

メーカーの紹介文

「アロマキフィ アウトバストリートメント」は、たった5種類の植物油だけで作られています!・カプリル酸ヤシ油アルキル、ドデカン:ヤシ油由来の毛髪保護成分。
植物由来でありながら、シリコンと変わらない艶・潤い感を出す。
・ツバキ油:古来から髪に潤いを与える植物油。
潤い、しっとり感のために・アンズ油:サラッとした手触りが特徴の植物油。
快適な使い心地とノビのよさ。
またドライヤーなどの熱から毛髪を守るヒートプロテクト効果もあり・シアバター:アフリカ産のシアバター。
昔からUVケアに使われています。
長時間の保湿のために植物オイルの配合により、シリコン配合品と同等の質感を実現。
そしてオイルタイプによくあるベタつきを解消香りは100%天然のエッセンシャルオイルのみ。
ローズはブルガリア産のダマスクローズ、ジャスミンはモロッコ産のみ。
甘く華やかな香りです。

アロマキフィ アウトバストリートメントの関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。