ヴォルーテ モイスト ヘアトリートメントの解析結果

総合順位

243

総合得点 5点満点

2.71
成分数エキス系特効ダメ
331020

ヴォルーテ モイスト ヘアトリートメント解析チャート

ヴォルーテ モイスト ヘアトリートメントの解説

軽めな保湿力ですが、機能的で悪くない。

全体的に、概ね一般的なコンディショナーといえる穏やかな構成ですが、

中盤に2,3個の有効成分が存在感を醸し出しています。

バオバブ、ポリクオタニウム-107(モイストナノドロップ)、それに(トリメチルシリル加水分解コラーゲン/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー。

これらの作用として、ダメージ部を選択的にカバーし、潤い、潤滑性で包み込み、すすぎ時から仕上がりまで比較的良質にコンディショニング作用を発揮する、といった期待が持てます。

総合的にはやや穏やかな保湿トリートメントという印象ですが、使い続けるうちに前述のスペシャルな成分が違いを生み出すことでしょう。

例えば、コンディショナーのカテゴリでは上等といえる出来栄え。

トリートメントというほどではないかもしれませんが、まろやかで滑らかなタッチは好感度が高い方といえるでしょう。

より補修力を必要としたり、持続性を求めるなら、より高い次元のものを選ぶ必要がありますが、

ダメージレベルがさほど大きくなく、ライトに潤いを残し肌にもわりと優しいものを選ぶなら、アリな一品といえるでしょう。

ヴォルーテ モイスト ヘアトリートメントの全成分

1

2グリセリン

3ステアリルアルコール

4セタノール

5ベヘントリモニウムクロリド

6シクロメチコン

7コメヌカ油

8バオバブ種子油

9ポリクオタニウム-107

10(トリメチルシリル加水分解コラーゲン/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

11スクワラン

12シャクヤク根エキス

13ボタンエキス

14マドンナリリー花エキス

15ツボクサエキス

16カミツレ花エキス

17ローズマリー葉エキス

18オウゴン根エキス

19イタドリ根エキス

20チャ葉エキス

21カンゾウ根エキス

22リンゴ酸ジイソステアリル

23ポリクオタニウム-7

24グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

25ジメチコン

26異性化糖(コムギ由来)

27BG

28クエン酸

29クエン酸Na

30メチルパラベン

31変性アルコール

32フェノキシエタノール

33香料

販売元による宣伝文

うるおい不足のパサつきがちな髪に。水とオイルの黄金バランスで髪にしなやかさとうるおいをもたらします。シュガースクワラン(スクワラン)と3種のフラワーエキスが髪に豊かなうるおいを与え、ゴワつきや広がりを抑えて、毛先までしっとりとまとまる髪へと導きます。

ヴォルーテ モイスト ヘアトリートメントを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。