ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア トリートメントの解析結果

総合順位

302

総合得点 5点満点

2.62
成分数エキス系特効ダメ
421010
  • ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア トリートメントの詳細情報
  • ダスキンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6850
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 1620円
  • [1mlあたり] 約 6.48円

ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア トリートメント解析チャート

ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア トリートメントの解説

低刺激系ながらコクのあるコンディショナー

ダメージ補修効果としては優秀とは言えないが、髪全体的にまとまりや保湿効果を付与するという意味では一定の役割を果たせそう。



メインは強い保湿効果、及び保水作用。たっぷりと水分を抱える能力が強くそれによって髪をダメージや乾燥から守る効果をもたらします。一般的なコンディショナーのように、ダメージ部分を選択的に補修するという機能性には欠けるものの、また違ったアプローチでの保水効果によって髪を落ち着かせる狙い。



肌の弱い人に適しているのはもちろん、髪の広がりやパサつきを気にされている方には意外と相性がいいかもしれません。

低刺激系コンディショナーにありがちな、ほとんど使っても意味のないタイプとは一線を画し、使いごたえのあるどしっとしたタッチが魅力といえるでしょう。

相性が合えば悪くない印象を持てる一品。

肌の刺激をぐっと抑えたタイプで油分補給的な意味合いが強い汚水コンディショニング系。

ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア トリートメントの全成分

1

2セタノール

3グリセリン

4セテアリルアルコール

5パルミチン酸エチルヘキシル

6(ジグリセリン/ジリノール酸/ヒドロキシステアリン酸)コポリマー

7ジステアリン酸ペンタエリスリチル

8ステアラミドプロピルジメチルアミン

9ジメチコン

10シクロペンタシロキサン

11ベヘントリモニウムクロリド

12グルタミン酸

13ベタイン

14香料

15オレイン酸フィトステリル

16セテス-20

17フェノキシエタノール

18イソプロパノール

19アモジメチコン

20甘草エキス

21オリーブ油

22プロピルパラベン

23ホホバ種子油

24メチルパラベン

25(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

26水添コメヌカ油

27グリチルリチン酸2K

28ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

29BG

30加水分解ケラチン(羊毛)

31エタノール

32ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

33加水分解シルク

34カミツレエキス

35ビワ葉エキス

36加水分解コンキオリン

37アマモエキス

38ローヤルゼリーエキス

39オタネニンジン根エキス

40クララエキス

41センブリエキス

42ヒキオコシエキス

販売元による宣伝文

頭皮と髪に働きかけて、艶やかな美髪をつくるシャンプー、トリートメント。

保湿・柔軟効果を持つ植物性の美容液成分を贅沢に配合。美容液成分が頭皮に働きかけて、すこやかな髪へと導きます。
〈かたい髪用〉しっとりタイプ保湿・柔軟効果を持つ植物性の美容液成分を贅沢に配合。美容液成分が頭皮に働きかけて、しっとり美しく、すこやかな髪へと導きます。

ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア トリートメントを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。