ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア シャンプーの解析結果

総合順位

1566

総合得点 5点満点

1.57
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
416920
  • ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア シャンプーの詳細情報
  • ダスキンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6849
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 1728円
  • [1mlあたり] 約 4.32円

ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア シャンプー解析チャート

ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア シャンプーの解説

豪快に洗って、さりげなくケアされている系シャンプー。

実際には非常に強い洗浄力なのに、感触を良質に思わせる処方。



ベース洗浄剤は脱脂力、起泡性ともに非常に強い洗浄剤。言い換えればコストが安っぽい素材。だが、シリコン類を始め、極めて多くのコンディショニング成分を配合して感触を演出している。整髪料を多く使うダメージ毛の方が適する可能性あり。



肌の弱い人や乾燥肌の人、髪のダメージがさほどない人などにはあまり必要性を感じにくいシャンプーです。コンディショニング成分は比較的ビルドアップしにくくクオリティーとしては悪くない、いわゆる皮膜成分の着脱性に優れていて豪快に使える割にコンディショニング効果を綺麗に残しやすい。



わりと大雑把にシャンプーは終わらせたいような方には好まれるかもしれませんね。ザッと洗ってさらっと仕上がる、というような手間のかからない感じです。もちろん、洗浄剤もコーティング剤も一級品ではないので、演出的な範囲での感触が良いという意味合いです。



コスト的には妥当な範囲だと思います。

ベースの洗浄剤はラウレス硫酸Naのように強すぎる脱脂力だが



それを感じさせない処方。

ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア シャンプーの全成分

1

2(C12,13)パレス-3硫酸Na

3オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

4コカミドDEA

5コカミドプロピルベタイン

6BG

7ポリクオタニウム-7

8ジステアリン酸グリコール

9ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

10ジメチコン

11ラウロイル加水分解シルクNa

12ポリクオタニウム-10

13ラウロアンホ酢酸Na

14(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー

15プルラン

16香料

17フェノキシエタノール

18ベタイン

19メチルパラベン

20クエン酸

21PPG-9ジグリセリル

22プロピルパラベン

23(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

24甘草エキス

25エチドロン酸

26トリデセス-10

27グリチルリチン酸2K

28ホホバ種子油

29加水分解ケラチン(羊毛)

30エタノール

31ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

32加水分解シルク

33カミツレエキス

34ビワ葉エキス

35加水分解コンキオリン

36アマモエキス

37ローヤルゼリーエキス

38オタネニンジン根エキス

39クララエキス

40センブリエキス

41ヒキオコシエキス

販売元による宣伝文

頭皮と髪に働きかけて、艶やかな美髪をつくるシャンプー、トリートメント。

保湿・柔軟効果を持つ植物性の美容液成分を贅沢に配合。美容液成分が頭皮に働きかけて、すこやかな髪へと導きます。
〈かたい髪用〉しっとりタイプ保湿・柔軟効果を持つ植物性の美容液成分を贅沢に配合。美容液成分が頭皮に働きかけて、しっとり美しく、すこやかな髪へと導きます。

ヴィーナヴィータ モイスチュアリペア シャンプーを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。