スピカココ 全身シャンプーSの解析結果

総合順位

44

総合得点 5点満点

2.46
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
72000

スピカココ 全身シャンプーS解析チャート

スピカココ 全身シャンプーSの解説

おそらく弱酸性だが、洗浄力は非常に強い。

石鹸以上、平凡以下。



中の下とはまさにこのことか。

決してよくはないが、石鹸系よりはメリットがある。





さっぱりとした感触は良い。

コストパフォーマンスはさほど良くない。

肌の弱い人には向かない。

当然、髪を洗うにはあまり親切とは言えない。



ただし、肌に浸透しないことや、弱酸性であることが恩恵となります。



肌バリアを過剰に溶かし出したり、分子量が肌に浸透するほど小さくないという利点があるので、普段使うのにギリギリ及第点と言えるボディーソープです。



内容の割にさほど値段が安いとは思いませんが、他に選択肢がなければ、

最低限肌バリアを壊滅させない方に導けるでしょう。

スピカココ 全身シャンプーSの全成分

1

2コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

3コカミドDEA(1:2)

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4PPG-2ラウレス-12

5ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

6ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

7クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

販売元による宣伝文

○お肌をやさしい保護膜が包み込むような洗い上がり
○香料・着色料・防腐剤無添加の全身用シャンプー

スピカココ 全身シャンプーSの関連商品


楽天でスピカココ 全身シャンプーSを買う

スピカココ 全身シャンプーSを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。