ソフティモホワイト クレンジングジェルの解析結果

総合順位

62

総合得点 5点満点

3.17
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
171101
  • ソフティモホワイト クレンジングジェルの詳細情報
  • コーセーの関連商品
  • [JANコード] 4971710307788
  • [商品ID] 6414
  • [容量] 210ml
  • [参考価格] 626円
  • [1mlあたり] 約 2.98円

ソフティモホワイト クレンジングジェル解析チャート

ソフティモホワイト クレンジングジェルの解説

クレンジングとしての機能はやや欠けるか

非常にソフトなジェルタイプ

クレンジング効果がものすごく低いわけではないが、よくあるクレンジングと比べると温和です。



ハトムギエキス配合など、整肌作用ももたらす 側面も。

素材の品質としては目を引くほどのクオリティではありません。

どちらかと言うと、少し古風な素材を並べている印象があります。

値段的な問題もあるのかわかりませんが、ややクオリティとしては微妙といったところでしょう。



ソフティモホワイト クレンジングジェルの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5ジカプリン酸PG

食品にも使われる低粘性のエステルオイルです。

6ハトムギエキス

穀類の中でも栄養価の高いハトムギから得たエキスです。ヨクイニンを多く含み、新陳代謝促進作用を付与します。

7EDTA2Na

8PEG-3コカミド

ポリエチレングリコールのモル数をコントロールすることにより、様々な特徴が発揮され幅広い分野に使用されます。

9TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

10(スチレン/DVB)コポリマー

ポリスチレンをジビニルベンゼンの架橋物。皮膜形成剤として使われます。

11エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

12カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

13クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14ポリソルベート80

15ラウリン酸スクロース

16ラウロイルグルタミン酸Na

17メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

販売元による宣伝文

みずみずしい感触のジェルが、
毛穴の奥や肌のキメに入り込んだメイクに素早くなじみ、すっきり落とします。
透明感ある肌に導きます。

お風呂でも使えます。

ソフティモホワイト クレンジングジェルの関連商品


楽天でソフティモホワイト クレンジングジェルを買う

ソフティモホワイト クレンジングジェルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。