海のうるおい藻 タラソ美容ヘアパックの解析結果

総合順位

1417

総合得点 5点満点

1.74
  • 販売元クラシエホールディングス株式会社
  • 英名Kracie Holdings,Ltd
  • 郵便番号〒1088080
  • 住所:東京都港区海岸3-20-20 ヨコソーレインボータワー
  • 電話番号03‐5446‐3210
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
42800
  • 海のうるおい藻 タラソ美容ヘアパックの詳細情報
  • クラシエの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1658
  • [容量] 180ml
  • [参考価格] 627円
  • [1mlあたり] 約 3.48円

海のうるおい藻 タラソ美容ヘアパック解析チャート

海のうるおい藻 タラソ美容ヘアパックの解説

高配合にワセリン、ジメチコンやしっとり系カチオン。

タラソというだけあって紅藻エキス、緑藻エキス、褐藻エキスなどを配合。

コラーゲン、スクワランは保湿、ステアロキシ〜など持続性を感じる成分もちらほら。

ヘアパックというだけあって、コーティング系成分が多く配合されている。

シットリ系もところどころに配合。

わりとバランスよい。

効果はほどほどで、高い持続性はない。

ヘアパックといってもコンディショナーの域を出なそうだ。

量的にも少ないので、満足感のある商品になるかどうかは微妙。

海のうるおい藻 タラソ美容ヘアパックの全成分

1

2セテアリルアルコール

3PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5ワセリン

英語ではpetroleum jelly。ずばり、石油ゼリーです。正しくは、石油由来の炭化水素類を脱色精製したもの。石油由来とはいえ、全く肌に浸透せず、化学的に不活性なので全く皮膚刺激はない。特徴としては油剤そのものなので、がっちりと油のフタをするイメージです。肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐことや、外部からの刺激を遮断するなどの役割があります。難点としては、単独では非常に油らしいベタつき感があるため、ベトベトした感触が向かない場面もあるかと思います。

6ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

7乳酸

8紅藻エキス

9緑藻エキス

10褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

11海水

12イヌラクリスモイデエキス

13トリプレロウスペルムムマリチマエキス

14リモニウムゲルベリエキス

シーラベンダー、イモーテルブルー(永遠)とも呼ばれます。フランスブリュターニュ地方の海浜に育ち、紫外線に対する防御効果を付与します。

15ハマナエキス

16クリスマムマリチマムエキス

フランスブルターニュ地方に自生する、マリンフェンネルと呼ばれる植物から得たエキスです。生命力と生命維持に必要な栄養素が豊富に含まれ、セラミドの産生を促進し肌を守る作用があります。

17加水分解コラーゲン

18スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

19ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2

ラノリンに類似したペースト状のエステルです。体温付近に融点を持ち、肌なじみよく延びが良い、高抱水性オイルです。

20プラセンタエキス(サケ)

21セバシン酸ジエチル

二塩基酸ジエステルで、モノエステルに比べ溶解性・浸透性が良く、軽い感触、薬剤浸透。

22アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

23ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。

24カギイバラノリエキス

25(C12-14)パレス-5

26PEG-160M

27(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー

・(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマーはポリエーテルとアミノ変性シリコーンのブロック共重合体。潤滑性、エモリエントな感触のアミノ誘導体シリコーン。

28BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

29ラウレス-4

クレンジング剤処方向けの増粘剤。取扱が容易。

30ラウレス-23

31ステアリン酸PEG-55

32ヒドロキシエチルセルロース

33酢酸

34ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

35セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

36トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

37フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

38安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

39グリチル酸Na

40メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

41香料

香りづけ。

42カラメル

販売元による宣伝文

11種類の海藻成分と海洋深層水配合し、潤い健康な髪へと導くトリートメントです。濃厚なクリームが毛先までなじみ、たっぷりとうるおいなめらかな髪に仕上げます。深呼吸したくなるような、心やすらぐフローラルマリンの香りです。海のうるおい藻シャンプー、コンディショナーとお使いになることをおすすめします。

海のうるおい藻 タラソ美容ヘアパックの関連商品

海のうるおい藻 タラソ美容ヘアパックを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。