シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルトリートメントの解析結果

総合順位

1112

総合得点 5点満点

1.88
成分数エキス系特効ダメ
26000
  • シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルトリートメントの詳細情報
  • シュワルツコフの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 268
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 1620円
  • [1mlあたり] 約 10.8円
素材 
0.5
安全性
3.8
コスパ 
1.5
環境 
2.7
補修力
2.6
潤滑性
3
頭皮改善 
0.6
ツヤ 
2.2
持続性
2.7
感触 
3.1

シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルトリートメントの解説

バラの香りは一級品だが。。



単にトリートメントとして評価した場合、平凡なコンディショナーのレベルを超えるものではありません。

悪くはありませんが、大きく髪の状況を変えるようなパワーはないようです。



バラの香りに包まれ、そこそこ髪の指通りが改善する・・という程度でOKというケースに限定される製品です。

高級なオイルを使っている割にコストパフォーマンスが良いような印象もありますが、

補修材のレベルを見ると納得、という感じも。

シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルトリートメントの全成分

1

2セテアリルアルコール

3ミリスチン酸イソプロピル

低粘性でさっぱりした使用感のエステルオイル。

4ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

5ジステアロイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート

6ダマスクバラ花油

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。

7カニナバラ果実油

ローズヒップ油と呼ばれます。ビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用で美白・抗炎症作用などを付与します。

8アンズ核油

杏仁豆腐の原料でおなじみです。オレイン酸含有量の多いトリグリセライド。エモリエント作用。

9加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

10オレイン酸グリセリル

11乳酸

12パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

13イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

14ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

15パルミチン酸セチル

クリームの光沢改良・増粘作用を付与。

16デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

17ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

18フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

19セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

20グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

21オキシベンゾン-4

・オキシベンゾン-4は紫外線吸収剤ですが、吸収するほど肌を刺激しやすくなる面も。

22ジカプリリルエーテル

優れた延展性を有した非常に軽い使用感の油剤です。 シリコーンとの相溶性に優れ安定性、生分解性が良好な油剤です。クレンジング剤などに適す。

23メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

24香料

香りづけ。

25黄203

26赤227

販売元による宣伝文

2種類のプレシャスローズオイルが 髪に健やかなツヤとうるおいを与え、気になる頭皮の匂いもカバーするフレグランストリートメント。

シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルトリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。