シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルセラムの解析結果

総合順位

57

総合得点 5点満点

3.03
成分数エキス系特効ダメ
9000
  • シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルセラムの詳細情報
  • シュワルツコフの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 269
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 2592円
  • [1mlあたり] 約 25.92円
素材 
3
安全性
4.5
コスパ 
2.4
環境 
3.1
補修力
3.2
潤滑性
3.6
頭皮改善 
2.5
ツヤ 
3.1
持続性
3.3
感触 
3.6

シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルセラムの解説

バラを除けば、シリコーンオイルだけ。



ダマスクローズオイルの香りがなんとも高貴な印象を与えますが、

それ以外はシリコーンオイル各種が配合されているにすぎず、

ヘアオイルとしての価値はあまり高いものとはいえません。



もちろん、シリコーンオイルの働きで指通りこそ一時的に改善しますが、言い換えればどこにでもあるヘアオイルのクオリティであり、

ダマスクローズの香りを纏いたいというケース以外ではさほどオススメとはいえません。

シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルセラムの全成分

1シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

2ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

3シクロヘキサシロキサン

4ダマスクバラ花油

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。

5カニナバラ果実油

ローズヒップ油と呼ばれます。ビタミンCを豊富に含み、抗酸化作用で美白・抗炎症作用などを付与します。

6アンズ核油

杏仁豆腐の原料でおなじみです。オレイン酸含有量の多いトリグリセライド。エモリエント作用。

7シクロテトラシロキサン

8メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。UVAを吸収する働き。

9香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

髪の内側から輝くツヤを与え、軽やかな指どおりでおさまりの良い髪へ。エバポレイティングテクノロジーで、ベタつかずになじみよく仕上げるフレグランスオイル。

シュワルツコフ BCオイル イノセンス ローズオイルセラムを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。