サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(O) の解析結果

総合順位

2086

総合得点 5点満点

0.15
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
294101
  • サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(O) の詳細情報
  • アムウェイの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1782
  • [容量] 1000ml
  • [参考価格] 3650円
  • [1mlあたり] 約 3.65円

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(O) 解析チャート

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(O) の解説

空前の脱脂力。髪も頭皮も浸透を許し、ダメージは免れません。

史上最もダメなシャンプーの1つといってもいいでしょう。

ラウレス-2硫酸アンモニウム、スルホコハク酸ラウレス2Naと、これだけでも相当な洗浄・脱脂力ですが、

ラウロイルサルコシンナトリウムはアミノ酸の中では相当な脱脂力を持ち、ラウリル硫酸アンモニウムは肌荒れを誘発しやすい最も典型的な浸透系脱脂洗浄剤。

その他には品質安定剤が配合されている程度で、

わざとか?と思うくらいひどい内容になっています。

一言、全く触れるべきではない一品ですので近づかないように。

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(O) の全成分

1

2ラウレス-2硫酸アンモニウム

3スルホコハク酸ラウレス2Na

脱脂力はそこそこにあるが、肌への刺激性は控えめで生分解性も良い。さっぱり洗いたい方に向いている洗浄剤です。防腐剤に安息香酸ナトリウム。

4コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

5ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

6ラウロイルサルコシンNa

アミノ酸系洗浄剤の一種ですが、歯磨き粉に殺菌成分として配合されることが多い成分でもあります。つまり、アミノ酸系といいながら性格的にはきつめであり、脱脂力と殺菌性で通常の頭髪には必ずしも喜ばしい洗浄剤とはいえません。

7ラウリル硫酸アンモニウム

分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。

8ステアリン酸グリコール

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10香料

香りづけ。

11グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

12フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

13塩化アンモニウム

14デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

15メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

16EDTA-4Na

エデト酸四ナトリウム。金属イオンのマスキング、キレート作用を目的に配合されます。製品安定剤として用いられますが、やや刺激性の面でリスクがあり、安全性を重視した製品では採用されにくいタイプです。

17ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

18PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

19クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

20ブチルパラベン

21エチルパラベン

22コムギフスマエキス

23イソブチルパラベン

24プロピルパラベン

25メドウフォーム油

炭素数20以上の不飽和脂肪酸を多く含むトリグリセライド。コシのあるタッチと、さっぱりした使用感が特徴。イコセン酸が最も多い。

26コレステロール(羊毛)

27メチルクロロイソチアゾリノン

28ベヘン酸

炭素数22の直鎖飽和脂肪酸で、菜種油やピーナッツ、モリンガ(ワサビノキ)に多く含まれる。しっとりした感触が特徴。

29メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

販売元による宣伝文

オイリーな髪と頭皮のためのさっぱりシャンプー十分な潤いを与えながらもさっぱりとした洗い上がり。オイリーな髪と頭皮のためのシャンプー。なめらかな指通りでさっぱりと洗い上げます。うるおいを補って、とじ込める独自の成分アクティブLA*配合。

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(O) を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。