サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(AD) の解析結果

総合順位
1624
総合得点 5点満点
1.21
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
322001

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(AD) の詳細情報

[製造販売元] アムウェイ

[商品ID] 1780
[容量]1000ml
[参考価格]3650円
[1mlあたり] 約3.65
洗浄力
3.7

素材 

-0.5

安全性

1.8

コスパ 

1.9

環境 
2.4

補修力

0.5

ツヤ 

0.8

感触 

1.1

育毛

0.4

洗浄剤
3.3

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(AD) の解説

最低レベルの中でも下の方のスーパーダメシャンプー。

さぞかし安く作られたであろう設計で、人のために作られた形跡のない、あまりにもひどいシャンプーの1つです。



刺激性がひどく、脱脂力は人に使うレベルではない悪質な製品。

分子量の違いはあれど、悪名を馳せた加水分解コムギタンパクといい、粗悪すぎる洗浄剤といい、人を攻撃するために作られたような最悪レベルの一品です。

肌や髪を大事におもうなら、絶対に使うべきではない一品と言えます。

繰り返します。

絶対に使うことはオススメしないダメシャンプーです。

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(AD) の全成分

1アクティブLA

2ジンクピリチオン

有機亜鉛錯体のことで、主に殺菌効果を目的に配合されます。フケ対策系の製品にも頻出することからも推察されるように、防カビ効果を目的に使われる素材でもあります。

3ピリチオン亜鉛水性懸濁液

4精製水

5POEラウリルエーテル硫酸アンモニウム

6ラウリル硫酸アンモニウム

分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。

7ラウロイルサルコシン塩

8ラウリルジメチルベタイン

9ジステアリン酸エチレングリコール

・ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。

10ヤシ油脂肪酸エタノールアミド

11塩化ジメチルジアリルアンモニウム

12アクリルアミド共重合体液

13塩化アンモニウム

14ヒドロキシプロピルメチルセルロース

15塩化N-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]加水分解コムギたん白液

16香料

香りづけ。

17塩化ジステアリルジメチルアンモニウム

18アルキル(8~16)グルコシド

19フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

20塩化Zn

21クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

22パラベン

23メチルクロロイソチアゾリンオン

24メチルイソチアゾリンオン

25無水クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

26PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

27コムギフスマ

28メドウフォーム油

炭素数20以上の不飽和脂肪酸を多く含むトリグリセライド。コシのあるタッチと、さっぱりした使用感が特徴。イコセン酸が最も多い。

29コレステロール(羊毛)

30ベヘニン酸

31黄203

32青1

メーカーの紹介文

フケやかゆみを抑える薬用シャンプー気になるフケやかゆみを、洗いながら抑えます。有効成分ジンクピリチオンとアクティブLA配合の薬用シャンプー。髪の毛の汚れを洗い流すと同時にフケやかゆみを抑えます。<医薬部外品>

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(AD) の関連商品

サテニークアドバンスト スカルプ コントローリング シャンプー(AD) を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。