さくらの森 ハーブガーデン ボディーソープの解析結果

総合順位

48

総合得点 5点満点

2.57
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
4832310
  • さくらの森 ハーブガーデン ボディーソープの詳細情報
  • さくらの森の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6821
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 3000円
  • [1mlあたり] 約 10円

さくらの森 ハーブガーデン ボディーソープ解析チャート

さくらの森 ハーブガーデン ボディーソープの解説

様々な要素があるが、石鹸です。

エキスの部分だけ見ると美容液か育毛トニックのようなスグレモノに見えます。

育毛・白髪抑制・抗酸化・抗炎症・血行促進・清浄などの効果を期待できますね。

ただし、ベースが石鹸であることをよく考えましょう。



石鹸はアルカリ性でないと機能しませんので、このボディソープはアルカリ性だとわかります。

そこに、コカミドプロピルベタインやスルホコハク酸ラウレス2Naをプラスして洗浄力と泡立ちなどの安定性を高めています。

セテアレス-60ミリスチルグリコール、ラウリルグルコシドなども泡立ち補助剤として働くでしょう。

サピンヅストリホリアツス果実エキスはソープナッツエキスと呼ばれるように、天然の界面活性剤として微妙に洗浄力を付与します。



総合的に見ると、使用感こそ泡立ちが良くスムースなタッチとなりますが、アルカリ性の石鹸+アニオン界面活性剤なので脱脂力は強いです。

肌の弱い人にもあまり向いていません。

ボディソープですので、石鹸らしい突っ張り感を覚えるような仕上がりが好まれるがちですが、肌のためを思ったらわざわざ石鹸を選ぶのはデメリットでしかありません。



エキス類のメリットはたしかに魅力ですが、石鹸によるデメリットで帳消しになってしまっているような印象があります。

目を引くトロピカルな植物エキス、スキンケア効果を期待できるクオリティがあります。



ただし、ベースが石鹸であることを留意。

さくらの森 ハーブガーデン ボディーソープの全成分

1

2グリセリン

3ミリスチン酸

4コカミドプロピルベタイン

5コカミドメチルMEA

6ラウリン酸

7スルホコハク酸ラウレス2Na

8水酸化K

9サンショウ果実エキス

10プルサチラコレアナエキス

11ウスニアバルバタエキス

12

13クダモノトケイソウ果実エキス

14マンダリンオレンジ果皮エキス

15ポリクオタニウム-10

16セテアレス-60ミリスチルグリコール

17ラウリルグルコシド

18塩化Na

19エタノール

20BG

21トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

22ローズマリー葉エキス

23ビルベリー葉エキス

24キュウリ果実エキス

25アルテア根エキス

26カニナバラ果実エキス

27セイヨウノコギリソウエキス

28セイヨウサンザシ果実エキス

29タチジャコウソウ花/葉/茎エキス

30セージ葉エキス

31ラベンダー花エキス

32トウキンセンカ花エキス

33セイヨウハッカ葉エキス

34アルガニアスピノサ核油

35シンジオフィトンラウタネニ核油

36バオバブ種子油

37ワサビノキ種子油

38スクレロカリアビレア種子油

39ニゲラサチバ種子油

40シア脂油

41オオウメガサソウ葉エキス

42ソメイヨシノ葉エキス

43ザクロ花エキス

44ラフィノース

45ハチミツ

46サピンヅストリホリアツス果実エキス

47炭酸Na

48香料

販売元による宣伝文

特徴*潤い・もちもち:6種のオーガニックオイル配合(マルーラオイル、モンゴンゴオイル、etc)
  *引き締め・透明感:3つの機能性オイル配合(キュアパッション、マンダリンクリア、ブラックシードオイル)
  *上質な香り:アロマ精油配合

    さくらの森 ハーブガーデン ボディーソープの関連商品

さくらの森 ハーブガーデン ボディーソープを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。