リッツ リバイタル リッチクレンジングウォッシュの解析結果

総合順位

58

総合得点 5点満点

3.58
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
5302011
  • リッツ リバイタル リッチクレンジングウォッシュの詳細情報
  • レバンテの関連商品
  • [JANコード] 4571263110974
  • [商品ID] 6751
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 2700円
  • [1mlあたり] 約 18円

リッツ リバイタル リッチクレンジングウォッシュ解析チャート

リッツ リバイタル リッチクレンジングウォッシュの解説

クレンジング力高く、ピーリング効果も

様々な要素を内包するクレンジング剤ですが、大きなところでは高いクレンジング力とピーリング作用という2点が特徴的です。

肌への刺激性を多少考慮すべきと感じさせる脱脂力の高さ+角質除去効果のセットとなりますので、少なくてもアフターケアによる肌コンディショナーは必須といえるでしょう。



配合エキスのチョイスはさすがといえる質の高いものですが、やや脱脂力と刺激性の前に特徴が活きない可能性を感じさせます。

酸化チタンやマイカの配合もここではメリットばかりとは言いづらい要素です。

単純にヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルの脱脂力は強烈ですが、その上にオレンジ油、炭酸水素Naの脱脂力も加わることでやや強すぎる作用となってはいないか。



良く言えば手軽にクレンジングできて洗顔料不要というメリットはありますが、肌への負担が増すというデメリットはこのブランドらしくない一面ともいえるでしょう。

他の化粧水やクリームが良いだけに、この内容は少し疑問が残る。

W洗顔不要系のはっきりしたクレンジング力と洗浄力を持つクレンジング剤です。



スキンコンディショニング効果も高いですが、ピーリングなど刺激要素も。

リッツ リバイタル リッチクレンジングウォッシュの全成分

1

2ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

3BG

4DPG

5ポリソルベート60

6ソルビトール

7エリンギウムマリチムムカルス培養液

8クリスマムマリチマムカルス培養液

9リンゴ果実培養細胞エキス

10クダモノトケイソウ果実エキス

11ホホバ種子油

12ローズヒップ油

13ヤシ油

14ダイズ油

15トリ(パーム油脂肪酸/パーム核油脂肪酸/オリーブ油脂肪酸/マカデミアナッツ油脂肪酸/アブラナ種子油脂肪酸)グリセリル

16パパイン

17ザクロ果実エキス

18水添レシチン

19ショウキョウエキス

20ユキノシタエキス

21ボタンエキス

22クズ根エキス

23トウキンセンカ花エキス

24アルニカ花エキス

25セイヨウノコギリソウエキス

26カミツレ花エキス

27セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

28ゼニアオイ花エキス

29フユボダイジュ花エキス

30セージ葉エキス

31スギナエキス

32加水分解コラーゲン

33水溶性コラーゲン

34

35テトラオレイン酸ソルベス-60

36(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー

37グリセリン

38オレンジ油

39グレープフルーツ果皮油

40ベルガモット果実油

41ニオイテンジクアオイ油

42水酸化K

43ヒドロキシプロピルシクロデキストリン

44(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

45ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

46カルボマー

47マイカ

48酸化チタン

49キサンタンガム

50レシチン

51セルロースガム

52炭酸水素Na

53フェノキシエタノール

販売元による宣伝文

ジェルが吸い付くように密着して、
毛穴やキメの奥に残ったメイク汚れもしっかり落とし、
肌にうるおいを与えます。
さらに美容液成分※1※2をプラス配合。

リッツ リバイタル リッチクレンジングウォッシュを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。