プロカリテ ストレートメイクパックcの解析結果

総合順位

182

総合得点 5点満点

1.21
成分数エキス系特効ダメ
21000
  • プロカリテ ストレートメイクパックcの詳細情報
  • ウテナの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1245
  • [容量] 440ml
  • [参考価格] 1260円
  • [1mlあたり] 約 2.86円

プロカリテ ストレートメイクパックc解析チャート

プロカリテ ストレートメイクパックcの解説

クセやうねりを抑え・・られるか?



非常にサラサラ感が重視された一品であることがわかります。

質としては低めで、リンス剤以上でも以下でもない単純な造り。

肌に優しいということはなく、あまり使い勝手のよくないクオリティは低めの一品。

何かストレート感を増幅させるような要素があるようには全く思えず、

光沢感は出るがコンディショナーレベルかそれ以下の効能しか期待できないでしょう。

プロカリテ ストレートメイクパックcの全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

6ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

7加水分解シルク

8イソステアロイル加水分解コラーゲン

保湿効果。

9イソペンチルジオール

3-メチル-1,3-ブタンジオール。溶剤として主に使われ、抗菌性、保湿性を付与する面もある。

10ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

11亜硫酸水素Na

12クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

13パルミチン酸セチル

クリームの光沢改良・増粘作用を付与。

14イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

15イソステアリン酸

16ヒドロキシエチルセルロース

17ステアリン酸グリセリル

18エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

19メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

20プロピルパラベン

21香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

翌朝のくせ・うねり・広がりをおさえ、サッとまとまるさらさらな髪に!髪1本1本を毛先までつるつるコーティング。湿気をガードしながら、翌朝のうねり・広がりをおさえ、しなやかな髪をたもちます。さらさらの質感で、ブラッシング時もクシ通りなめらかな髪に!髪の芯まで溶け込むように浸透。毛先までしっとりうるおったしなやかな髪にととのえます。雨の日も広がりにくく、まとまり感をキープします。グリーンフローラルの香り

プロカリテ ストレートメイクパックcの関連商品

プロカリテ ストレートメイクパックcを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。