プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョンの解析結果

総合順位

305

総合得点 5点満点

1.42
成分数エキス系特効ダメ
32011
  • プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョンの詳細情報
  • ウテナ/ utenaの関連商品
  • [JANコード] 4901234305816
  • [商品ID] 6986
  • [容量] 110ml
  • [参考価格] 1620円
  • [1mlあたり] 約 14.73円

プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョン解析チャート

プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョンの解説

わりと攻撃的な処方です。

髪の表面に幾重ものコーティングを施し、髪の流れをコントロールする能力が高いアウトバスエマルジョンです。

基本的には保湿効果の高い素材を並べて、くせ毛を重みで伸ばすような作用を期待されるのではないかと思います。

そのための素材の選定というのは比較的本気を感じるレベルと言っていいかと思いますし、クオリティはまずまず高めと言えますね。



ただ、ある意味で即効性を期待したのか、リスキーな成分を入れてしまっていることは残念です。リスキーな成分というのは4級カチオン界面活性剤3つや細かいところの素材の選定などの部分です。

くせ毛を伸ばそうと言う素材のインパクトは申し分ないだけに、細部に至るまでのクオリティに少々落差が見られるのが残念なのと、やはり肌の危険性という部分はアウトバストリートメントにおいては重視せざるを得ません。



ステアルトリモニウムクロリド プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョン
ステアルトリモニウムクロリド 4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。極めて刺激が強いので、髪にだけつけること。髪ダメージ部に吸着して補修。


ベヘントリモニウムクロリド プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョン
ベヘントリモニウムクロリド 4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。極めて刺激が強いので、髪にだけつけること。髪ダメージ部に吸着して補修。しっとり系。


ジココジモニウムクロリド プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョン
ジココジモニウムクロリド 4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。極めて刺激が強いので、髪にだけつけること。髪ダメージ部に吸着して補修。しっとり系。




髪につけたままにする=肌に付着する機会が非常に多くなりがちという面がありますので、このような4級カチオン界面活性剤を塗りっぱなしにするという状況は好ましくありません

逆に利点を挙げるとすれば、4級カチオン界面活性剤は塗るや否や髪をサラサラに感じさせるというメリットがあるため、リスクを承知でも配合される場合が多いのです。

ただ、同じような効果を期待するとしても、より肌に安全な素材の選択肢は多数ありますので、この製品の処方はそのような気がきいたものとは言い難いのであります。



艶もでるし均一にコーティングされ、使用感は非常に良さそうなだけにもったいない気がします。良い素材の特徴も最後に挙げておきましょう。



(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョン
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。


ヒマワリ種子油 プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョン
ヒマワリ種子油


アルガニアスピノサ核油 プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョン
アルガニアスピノサ核油






よく言えば変化を強く生み出せるアウトバストリートメント。



しかしリスキーな処方でも同時にあります。

プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョンの全成分

1

2ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

5セテアリルアルコール

6ジカプリン酸ネオペンチルグリコール

タッチが軽いのが特徴の低粘性油剤です。安全性にも優れています。

7セテス-15

8イソステアロイル加水分解コラーゲン

保湿効果。

9グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

10(VP/VA)コポリマー

11ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

12(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク

シルクヒートプロテインです。持続性が高く、強固なコーティングを伴うシルク素材で、感触の改善やツヤ、髪の保護効果が高い。

13加水分解ケラチン

14アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

15ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

16アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

17ヒドロキシエチルセルロース

18ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

19イソステアリン酸

20ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

21ステアリン酸グリセリル

22ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

23ステアリン酸PEG-10

24ステアリン酸PEG-25

25セテス-20

26ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

27ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

28ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

29変性アルコール

飲料としての用いられないように不純物を混ぜ込んだアルコールです。質の高い製品には配合されないであろう成分ともいえます。

30ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

31メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

32香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

くせ毛の研究をもとにつくられた くせ毛用ヘアトリートメント ヘアメンテナンスエマルジョン。
毎日のケアで、髪の質感*を変え、扱いやすいしなやかな艶髪へ導く、くせ毛マネジメント処方採用。
*しなやかさ、なめらかさ、まとまりなどの髪の手触りや仕上がりのこと
1 湿気をコントロールし、ハネ・うねりをおさえ、雨の日も広がりにくく、指通りさらさらな髪へ。湿気ブロック&毛髪しなやか成分※1配合
2 髪表面に伸縮性のある皮膜を形成し、ヘアスタイルをキープ。毛髪コントロールCPX(保湿成分)※2配合
3 トリプルケア成分配合で、熱を味方に、うねりの原因となるダメージを密着補修。毛先までツヤ感UP。ヒートプロテイン(保湿成分)※3・加水分解ケラチン(保湿成分)・Wボタニカルオイル(保湿成分)※4 配合

※1 イソステアロイル加水分解コラーゲン、グリセリン
※2 (VP/VA)コポリマー、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
※3 (ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク
※4 アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子油

楽天でプロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョンを買う

プロカリテ ヘアメンテナンスエマルジョンを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。