パドマーリ ハーブクリームの解析結果

パドマーリ ハーブクリーム

総合順位

249

総合得点 5点満点

1.62
成分数エキス系特効ダメ
28910

パドマーリ ハーブクリーム解析チャート

パドマーリ ハーブクリームの解説

低刺激でオーガニックな良品。洗い流すならね。

天然植物成分中心の処方ながら、そこそこコンディショニング効果を期待。



洗い流すのであれば良い製品、洗い流さないなら逆。

3級カチオン界面活性剤ベースで肌につけてもある程度安全です。もし、トリートメントとしてなら。

そして、弱酸性処方で植物エキス中心という名実ともにマイルド感あふれる一品ですね。トリートメントとしてなら。



肌に非常に安全・安心感を重視されており、植物成分中心とはいえダイマージリノール(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)やヘンナ葉エキスなど実力派の成分を処方。

チューベロース多糖体の高い保湿性、その他皮脂コントロール、育毛作用、抗菌といった頭皮へのメリットも多い製品ですね。



髪のダメージ部分を集中的に補修するような効果は薄いのが難点ですが、髪全体をエモリエントに覆うようなクリームです。

そのため、ある程度ダメージが進んでいるような髪の状態なら、より効果的なトリートメントを選ぶべきですし、

さほどダメージがなく、髪のボリュームを抑えたい、パサツキ軽減といった目的なら相性が合うでしょう。



低刺激系トリートメントとしてはクオリティが高い方といっていいでしょう。

ただし、洗い流さないヘアクリームとしてはリスクが顕在化しやすいため、おすすめしません。



カチオン界面活性剤が(3級とはいえ)ベースとして作られているのであれば、洗い流すことが安全の前提条件となりますので、

この製品をヘアクリームとして使うのはおすすめしません。



パドマーリ ハーブクリーム

パドマーリ ハーブクリームの全成分

1ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

2ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

3チューベロース多糖体

月下香という植物の白い花びらから抽出された水溶性多糖。皮膚表面を滑らかに調整する他、気温変化などで変質しにくい安定した保湿素材です。

4ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

5ラフィノース

6ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

7パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

8ヘキシルデカノール

9ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)

植物由来成分のみで作られたエステルオイルで、自然な艶感やエモリエント作用を付与します。また、肌への密着性に優れるペースト状の油剤であることから、トリートメントのみならずマスカラやリップなどにも用いられます。

10ミリスチン酸

ヤシ油、パーム油に多く含まれる炭素数14の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はテトラデカン酸。

11ヘンナ葉エキス

12メリアアザジラクタ葉エキス

インド中部センダン科のニーム葉から得たエキス。高い保湿力、美白、メラニン抑制、抗炎症予防、肌荒れ抑制作用、抗菌作用を付与。アーユルヴェーダの薬として、ニームの葉、実、樹皮が治療薬として重宝されている。

13オランダビユ果実/種子エキス

14サラシアレチクラタ木エキス

15ベルゲニアリグラタ根エキス

タンニン、フラボノイドを含み、収斂作用や抗酸化作用を付与します。

16ホウライシダ葉エキス

・女性ホルモン様作用による皮脂抑制・保湿効果アップ効果。

17ナンバンクサフジ葉エキス

18レウカスセファロテス葉エキス

・男性型脱毛の抑制効果を期待されるレウカスセファロテス葉エキス配合。

19マルトシルシクロデキストリン

20シクロデキストリン

21BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

22PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

23エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

24乳酸

25フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

26メチルパラベンNa

27パルマローザ油

タバコの香り付けや石鹸、香水にも使われる精油です。レモングラスなどと近い。抗菌・肌の弾力性向上作用などを付与します。

28アトラスシーダー樹皮油

・アトラスシーダー樹皮油は皮脂コントロール機能や抗菌作用があり、肌を健やかに保つ効能があります。サンダルウッドのようなウッディーな香りが特徴。

販売元による宣伝文

ヘナエキスの他、配合されたアーユルヴェーダハーブエキスが
毛髪内部に浸透し、枝毛・切毛を防ぎ、
髪に自然な艶を与えます
お肌に優しいスキンクリームで使用される植物性保湿成分がベース、
その為べたつかず軽い仕上がりが特徴です。
月下香(チューベローズ)から抽出したエキスで髪のつるつる感を求めた
植物性ノンシリコントリートメントです。
かさつく頭皮に素早く馴染みうるおいを与えるスカルプクリームとしても最適です。

パドマーリ ハーブクリームの関連商品

パドマーリ ハーブクリームを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。