ニュースキン モイスチャーライジング シャンプー 〜しっとり〜 の解析結果

総合順位

1971

総合得点 5点満点

0.7
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
223111
  • ニュースキン モイスチャーライジング シャンプー 〜しっとり〜 の詳細情報
  • ニュースキン NU SKINの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2988
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 2069円
  • [1mlあたり] 約 8.28円

ニュースキン モイスチャーライジング シャンプー 〜しっとり〜 解析チャート

ニュースキン モイスチャーライジング シャンプー 〜しっとり〜 の解説

強烈な洗浄力と浸透力で、人体に有害です。いかなる人にも向いていません。

シア脂、パンテノールやシリコンなど、しっとりさせたい意図は伝わりますが、肝心のベースがラウリルでは使うに値しません。

ニュースキン モイスチャーライジング シャンプー 〜しっとり〜 の全成分

1

2ラウリル硫酸アンモニウム

分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。

3ラウレス-2硫酸アンモニウム

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5シロバナワタエキス

6パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

7シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

8グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

9ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

10ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)

とてもツヤ感と保湿性が高いエステルオイルで、植物由来原料により構成されています。プランドゥールジーとも呼ばれます。増粘作用も。

11ステアレス-4

12アクリレーツコポリマー

13PEG/PPG-18/18ジメチコン

14PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

15BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

16EDTA-4Na

エデト酸四ナトリウム。金属イオンのマスキング、キレート作用を目的に配合されます。製品安定剤として用いられますが、やや刺激性の面でリスクがあり、安全性を重視した製品では採用されにくいタイプです。

17クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

18AMP

19塩化アンモニウム

20メチルクロロイソチアゾリノン

21メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

22香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

シロバナワタエキス、シア脂配合。潤いを逃さず、髪の毛皮質(コルテックス)を強化し、やさしく洗い上げます。パサついた髪も、いきいきと輝きのある髪に。

ニュースキン モイスチャーライジング シャンプー 〜しっとり〜 の関連商品

ニュースキン モイスチャーライジング シャンプー 〜しっとり〜 を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。