モイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメントの解析結果

総合順位

130

総合得点 5点満点

3.02

楽天でモイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメントを買う
成分数エキス系特効ダメ
45540
  • モイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメントの詳細情報
  • ネイチャーラボの関連商品
  • [JANコード] 4560119224620
  • [商品ID] 6499
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1512円
  • [1mlあたり] 約 3.02円

モイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメント解析チャート

モイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメントの解説

ベースは植物成分であるが

製品のベースは植物オイル、エキスで構成されているものの、



後半に機能的な素材をたくさん配置。



意外にコンディショニング作用がじわっとくるタイプかもしれません。
天然由来98%以上、といううたい文句のトリートメントです。

こういう製品は得てして貧弱な物が多いのですが、

この製品は少し違いますね。



意外に潤滑性やツヤといった要素は強めで、仕上がりにしっかりしたコクを残せる製品です。

値段やうたい文句からイメージするクオリティよりも健闘しているな、という印象です。



ダメージリペア、という名称に関しては少し疑問がありますが、少なくともツヤやスムース感を髪表面に残す能力はしっかりしています。



市販品にしてはわりとオススメで、髪のダメージがあまり大きくないのなら選択肢に入れてよいでしょう。

モイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメントの全成分

1

2セテアリルアルコール

3パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

4ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

5水添アルガニアスピノサ核油

6プラトニアインシグニス種子脂

7テオブロマグランジフロルム種子脂

・クパスオイル配合。抱水力はラノリン以上で、チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。

8クダモノトケイソウ種子油

沖縄産パッションフルーツの果皮から抽出したエキス。ルテオリン配糖体など様々なポリフェノール類を含有し、抗酸化作用やエンドセリン-1の合成抑制作用を付与。

9コメヌカ油

10アサイヤシ果実油

11プルーン種子エキス

アーモンドやマジパンのような香りが特徴のオイル。オレイン酸を中心にリノール酸も含有し、皮膚細胞の賦活作用や高い保湿効果をもたらし、肌の乾燥に有効な成分といえます。

12カリオカルブラジリエンセ果実油

13オオミテングヤシ果実油

14ペンタクレスラマクロロバ種子油

15クランベアビシニカ種子油

16オリーブ果実油

17アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

18リンゴ果実培養細胞エキス

・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。

19アルガニアスピノサ芽細胞エキス

モロッコの希少植物アルガンツリーの新芽から得られる幹細胞エキスです。 真皮幹細胞を賦活し、肌の最深部からアンチエイジングを促します。

20ブドウ果実細胞エキス

ぶどう幹細胞から得たエキスで、肌細胞賦活作用を付与します。美白効果も。

21加水分解エンドウタンパク

22ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

23(イソステアリン酸ポリグリセリル-2/ダイマージリノール酸)コポリマー

植物由来で透明な高粘性の油剤。光沢、抱水性、密着性に優れる。

24ミリストイルメチル-β-アラニン(フィトステリル/デシルテトラデシル)

エルデュウと呼ばれる保湿原料です。感触と保湿に優れる。エルデュウシリーズの中でもサラッとした仕上がり。肌をベールのように覆い、決してべたつかず、心地よい感触を与えます。

25ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

26セチルジグリセリルトリス(トリメチルシロキシ)シリルエチルジメチコン

PEGフリーで高い乳化力と安定性を付与する乳化剤。

27トリ水添ロジン酸グリセリル

28レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

29ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

30セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

31ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

32ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)

とてもツヤ感と保湿性が高いエステルオイルで、植物由来原料により構成されています。プランドゥールジーとも呼ばれます。増粘作用も。

33ヒドロキシエチルセルロース

34キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

35グルコース

36イソマルト

砂糖の代替品として知られる二糖アルコール。優れた吸湿性を持つ保湿剤として。

37グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

38乳酸

39トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

40グルコン酸Na

41イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

42ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

43フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

44安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

45香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●オーガニック成分を含め98%以上(水を含む)天然由来成分のクラフトトリートメントです。
●ダメージリペアは髪を深部から補修し、うねりにくい、美しくナチュラルにまとまる髪へ導きます。
●グラースローズの香りです。
●乾燥によるパサつき、パーマ・カラーによるケミカルダメージ・うねりに悩む方へ
●高品質なフェアトレードオイルを採用
●クチュールメゾンによる数々の名香が生まれた香りの聖地・グラースの老舗香料メーカーと共同開発し、トップクラスの調香師の手によって現地で生産された香りです。
●石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成着色料、動物性原料無添加
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります

モイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメントの関連商品


楽天でモイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメントを買う

モイストダイアン ボヌール ダメージリペア トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。