ランス P2 シャンプーの解析結果

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ランス P2 シャンプー(1000mL)
価格:1180円(税込、送料別) (2018/7/3時点)


総合順位

1898

総合得点 5点満点

0.71
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
204201
  • ランス P2 シャンプーの詳細情報
  • 中央有機化学の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6673
  • [容量] 1000ml
  • [参考価格] 1180円
  • [1mlあたり] 約 1.18円

ランス P2 シャンプー解析チャート

ランス P2 シャンプーの解説

言うまでもないと思うが・・

ラウリル硫酸Naベースという、食器洗剤のようなシャンプー。


凄まじい脱脂力と浸透力を特徴とするシャンプーです。

率直に言って人体に使うには向いていない内容となるため、オススメはできません。



ラウリル硫酸ナトリウムはもとより、それを緩和するような成分も乏しいという悪い意味でシンプルな処方のシャンプーです。

そのため、ダメージ毛や皮膚には非常に相性悪く、脱脂しすぎによる手触り・ツヤの悪化などが目立ってしまうでしょう。



選択肢からそっと除外されることを願わずにはいられないシャンプーですね。

よくあるラウレス硫酸ナトリウムタイプよりも浸透力が強く、その分皮膚刺激性、脱脂力が増大し、重いダメージにつながる懸念があります。

ランス P2 シャンプーの全成分

1

2ラウリル硫酸Na

分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。

3コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

6甘草エキス

7オウバクエキス

8PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油

ピログルタミン酸イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油です。可溶化性能が高いアミノ酸系界面活性剤。

9グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

10ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

11ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

12ラウレス-7

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

14クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

15EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

16メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

17赤06

18フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

19安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

20香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

クリーミィで豊かな泡立ちで、髪をやさしくいたわりながら、きしみをおさえて、しっとり洗い上げます。

ランス P2 シャンプーの関連商品

ランス P2 シャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。