コタ COTA アイ ケア シャンプー K の解析結果

総合順位

968

総合得点 5点満点

2.1
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
375610
  • コタ COTA アイ ケア シャンプー K の詳細情報
  • コタの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2091
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 2415円
  • [1mlあたり] 約 8.05円
洗浄力
3.3
素材 
1.1
安全性
3.6
コスパ 
1.6
環境 
3.5
補修力
1.3
潤滑性
1.4
頭皮改善 
1.9
ツヤ 
1.1
持続性
2.5
感触 
2.4
育毛
1.1
洗浄剤
3.7

コタ COTA アイ ケア シャンプー K の解説

しっとりタッチですが比較的洗った感が残るさっぱり仕上げ。

低刺激でさらっとした仕上がりに好感を持たれる方もいいのでは。

シルキーなタッチとエキス類の頭皮環境改善能もまずまず高い内容です。



質は良いですが、さほど個性はない一品。

平均点が高いタイプで、突出した能力があるわけではありませんが、

万人受けするような使用感に整っていると言えます。

肌にマイルドでややサラッとした仕上がりが好みの方に適しているでしょう。

コタ COTA アイ ケア シャンプー K の全成分

1

2ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

3ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5ラウリルグリコールヒドロキシプロピルエーテル

・ラウリルグリコールヒドロキシプロピルエーテルは泡立ちが良好で低刺激性。

6PEG-100水添ヒマシ油

可溶化剤です。

7コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

8PEG-7グリセリルココエート

・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルを添加。仕上がりに潤滑性を少し加える狙い。

9ラウロイル加水分解シルクNa

シルクに含まれるタンパク質フィブロインとヤシ油由来の洗浄剤です。非常に肌にマイルドであり、かつ泡立ちがしっかりしている他、シルクならではの非常に優れたコンディショニング効果が特徴のアニオン界面活性剤。とても高額な素材であるという特徴も。

10セージエキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

11グレープフルーツエキス

12ゲンチアナエキス

13デキストリン

14コンフリーエキス

ムラサキ科で別名でヒレハリソウとも呼ばれます。成分としてアラントイン、タンニン、ニコチン酸などを含み、創傷治癒、抗炎症作用、収れん作用などを付与します。

15フユボダイジュ花エキス

シナノキ科シナノキの葉や花から得たエキスです。シナノキエキス、とも呼ばれます。タンニン、フラボノイドを含有し、抗菌・抗炎症・血行促進作用、収れん作用を付与。

16ボタンエキス

ボタン科の牡丹の根から抽出。ぺオノール、ペオノリット、ペオノサイト、アラントインを含有し、消炎・血行促進作用・アンチエイジング作用を付与する。

17トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

18水酸化レシチン

天然の界面活性剤であり、水酸化基を付加してレ乳化・分散作用を向上させています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

19グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

20グルコノラクトン

グルコノ-δ-ラクトンとも呼ばれる。ミツバチの体内で作られることから、ハチミツ酸と呼ばれることもあります。pH調整剤として使われます。

21グルコン酸Ca

22アルギニン

23クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

24イソステアリン酸

25グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

26PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

27DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

28ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

29セトレス-24

30塩化Ca

31塩化Mg

32硫酸Mg

33エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

34香料

香りづけ。

35メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

36メチルクロロイソチアゾリノン

37メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

販売元による宣伝文

セージの香り。カラーやパーマ、ドライヤーなどのダメージによる毛髪のぱさつきを抑える、ハイダメージ毛対応のシャンプー

コタ COTA アイ ケア シャンプー K の関連商品

コタ COTA アイ ケア シャンプー K を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。