ジェノス ヘアクリーム スーパーボリュームダウンの解析結果

総合順位

116

総合得点 5点満点

1.92
成分数エキス系特効ダメ
19001
  • ジェノス ヘアクリーム スーパーボリュームダウンの詳細情報
  • 柳屋本店の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 630
  • [容量] 140ml
  • [参考価格] 638円
  • [1mlあたり] 約 4.56円

ジェノス ヘアクリーム スーパーボリュームダウン解析チャート

ジェノス ヘアクリーム スーパーボリュームダウンの解説

髪の広がり対策としてのヘアクリームのようです。

そのわりに、シリル化ケラチンを配合しているのですが、これだとボリュームアップに働くと思うのは勘違いでしょうか。。

パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油。

ジメチコン、セタノール、アーモンド油といった基本的にサラサラ感のオイルでベースを構成。

シリル化ケラチンは熱に反応してコーティング力をアップするハリコシケラチンです。

普通に考えたらボリュームアップですね。

ステアリン酸グリセリル(SE)は古めな処方を感じさせ、全体としては、

ボリュームダウンを狙うにしては重みがほとんど足りず、コンディショニング効果、トリートメント効果も貧相で使っても喜びを感じにくい内容と言えるでしょう。

総合的に見てもリンスに毛の生えた程度のクオリティで、役に立ちにくい一品といえます。

ジェノス ヘアクリーム スーパーボリュームダウンの全成分

1

2パルミチン酸エチルへキシル

3イソペンチルジオール

3-メチル-1,3-ブタンジオール。溶剤として主に使われ、抗菌性、保湿性を付与する面もある。

4ステアリン酸ソルビタン

5ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

6セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

7アーモンド油

オレイン酸リッチなトリグリセライド。エモリエント効果。

8メチルグルセス-10

とうもろこし由来のグルコース由来の成分です。バランスよく保湿感を与えます。

9(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解ケラチン

・髪の強化・弾力性向上・ハリ・コシ効果という面では最強クラスのフェザーケラチン・低分子ケラチン、ヒートプロテインタイプのケラチンを同時に配合!圧倒的な仕上がりの違いを生むダメージ補修効果をもたらします。

10酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

11ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

12ステアリン酸PEG-23

13ステアリン酸PEG-45

14カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

15BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

16AMP

17メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

18プロピルパラベン

19香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●髪の広がりにお困りの方へ天然毛髪保護成分のアボガドオイルが素早く広がりをおさえるのと同時に「補修・保湿・保護」して髪の広がる原因からガードします。うるおいを与え、一日中まとまりのよい髪が持続します。

ジェノス ヘアクリーム スーパーボリュームダウンを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。