ヘアリプロ 薬用スカルプコンディショナーの解析結果

総合順位
1095
総合得点 5点満点
1.88
成分数エキス系特効ダメ
13000

ヘアリプロ 薬用スカルプコンディショナーの詳細情報

[製造販売元] アデランス

[商品ID] 1324
[容量]250ml
[参考価格]3400円
[1mlあたり] 約13.6

素材 

1.8

安全性
3.3

コスパ 

1.3

環境 
2.9
補修力
2.4
ツヤ 
2.5
感触 
2.5

ヘアリプロ 薬用スカルプコンディショナーの解説

頭皮向けのトニック的製品。





カチオン界面活性剤をはじめ、肌に刺激となる成分を配合していない様子から、

頭皮に塗ることを前提としている製品のようです。

そういう意味で、どうか。

オリーブやメドウフォーム油をベースに配していますので、

油分補給によるシットリ感を付与します。

リピジュア、カプリロイルアシルグリシン、コメ抽出物は抗酸化・脱毛予防効果。

グリチルリチン酸2kは抗炎症作用。ピロクトンオラミン(殺菌成分)の配合がポイントで、果たして頭皮を殺菌する必要があるのかどうか、この点は考慮すべき問題でしょう。



さて、全体的にはどうかというと、

コンディショナーとしての能力は油分補給を中心とした保湿効果のみにとどまり、

頭皮に対しては保湿効果と、抗炎症・殺菌効果ということになりますが、

ややオイリーに仕上がるうえに大半の方には不必要な殺菌効果。

無駄な殺菌は元々頭皮に有益な常在菌を死滅させ、頭皮環境悪化に直結します。

この製品に必要性をほとんど感じません。市販の並のリンスの方がよいと言えます。

ヘアリプロ 薬用スカルプコンディショナーの全成分

1〈有効成分〉

2グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

3ピロクトンオラミン

抗真菌作用をはじめ、皮膚糸状菌、酵母、グラム陽性菌・グラム陰性菌など幅広く殺菌・防腐作用を示す。pH6-7に調整する必要があり、逆にいえばピロクトンオラミン配合の製品はこの範囲のpHであることが推察される。ジンクピリチオンなど他の抗真菌剤よりも効果が高い。その殺菌効果の高さゆえ、頭皮・皮膚の常在菌を必要以上に滅してしまうことには注意したい。環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンによる塩である。

4〈その他の成分〉

5オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

6メドウフォーム油

炭素数20以上の不飽和脂肪酸を多く含むトリグリセライド。コシのあるタッチと、さっぱりした使用感が特徴。イコセン酸が最も多い。

7ツバキ油

8N-カプリロイルアシルグリシン(リパサイドC8G)

9コメ抽出物加水分解液

10メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン,メタクリル酸ブチル共重合体液

11加水分解ヒアルロン酸

12イソステアロイル水解コラーゲンAMPD塩

13グリコシルトレハロース,水添デンプン分解物混合溶液

メーカーの紹介文

ヘアリプロスカルプコンディショナー (OILY)は、植物成分を中心としたエモリエント成分が髪と頭皮を保護。 細く弱った髪を頭皮とともに健康に導きます。 頭皮がベタつきやすい方におすすめのヘアリプロ、スカルプケアコンディショナー。 パッチテスト済/医薬部外品/無香料・無着色・弱酸性各種配合成分がシャンプー後の生まれ変わった髪と頭皮を包み、髪の毛一本一本にハリとコシを与えます。 髪だけでなく頭皮のコンディションをより高めるため、香料、着色料は一切使用していませんので、ヘアリプロは、総合的な育毛環境を整えることができます。

ヘアリプロ 薬用スカルプコンディショナーの関連商品

ヘアリプロ 薬用スカルプコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。