グロッシーピクシー シャイン&グロス トリートメントの解析結果

総合順位
731
総合得点 5点満点
2.07
成分数エキス系特効ダメ
421400

グロッシーピクシー シャイン&グロス トリートメントの詳細情報

[製造販売元] エムジェイラボ

[商品ID] 461
[容量]450ml
[参考価格]998円
[1mlあたり] 約2.22

素材 

1.7

安全性
4.2
コスパ 
2
環境 
3.2

補修力

1.8

ツヤ 
2
感触 
3.2

グロッシーピクシー シャイン&グロス トリートメントの解説

じんわりとエモリエント感が存在感。柑橘エキスを中心として、僅かにクパスオイル、疑似セラミドを加えたほんのり保湿コンディショナー。

抗炎症エキスもたくさん配合されているので、肌に刺激があまりないトリートメントと見ることができそうです。

ダイヤモンド末の輝き、シルク、コラーゲンの潤滑性、クパスオイル、疑似セラミドの保湿効果が添加された内容で、

使用感の爽やかな優しいコンディショニング効果が特徴といえるでしょう。全体としては、

さほどトリートメントとしては大きな効果はありませんが、リンス剤で肌が荒れやすい方にはオススメできる程度に刺激が軽減されています。

髪を綺麗に見せる効果が特徴的な一品で、まずまず悪くない使用感でしょう。

グロッシーピクシー シャイン&グロス トリートメントの全成分

1

2ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4セテアリルアルコール

5パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

6ハイビスカス花エキス

ピルビン酸(α-ヒドロキシ酸)を含み、表皮の代謝を活性化する他、抗酸化作用などを付与します。

7加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

8ライム果汁

9オレンジ果汁

10レモン果汁

11グレープフルーツ果実エキス

12サンザシエキス

・サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。

13ナツメ果実エキス

14リンゴ果実エキス

15トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

16アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

17セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。

18カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

19セイヨウオトギリソウエキス

セント・ジョーンズ・ワートとも呼ばれるエキスで、抗酸化作用、美白作用、保湿作用、皮膚細胞賦活作用などを付与します。

20セージ葉エキス

シソ科セージの葉抽出エキス。抗菌作用、血行促進作用、収れん作用などを与えます。

21ゼニアオイエキス

アオイ科アオイ属ゼニアオイから得たエキス。高い抗炎症作用を持つ粘液質を含みます。

22フユボダイジュエキス

23スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

24加水分解シルク

25加水分解コラーゲン

26ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

27テオブロマグランジフロルム種子脂

・クパスオイル配合。抱水力はラノリン以上で、チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。

28ビス(ポリグリセリル-3オキシフェニルプロピル)ジメチコン

29ダイヤモンド末

30PEG-90M

31ステアルトリモニウムブロミド

4級カチオン界面活性剤ですが、このタイプは少しだけ肌刺激が抑えめ。 髪のダメージ部に選択的に吸着して疎水性を改善します。

32ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。

33ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

34セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

35イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

36BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

37エチドロン酸

38エチドロン酸4Na

39安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

40フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

41メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

42香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

ダメージを補修、輝くツヤと潤い導くトリートメントダメージによるツヤ・潤い不足、パサついてまとまりの無い髪に21種類美髪成分を配合した濃密でコクのあるトリートメントが毛先までしっかりケア、輝く様なツヤとなめらかな潤い髪へ導きます。ほんのり甘いジューシーフローラルの香りでバスタイムを至福の時に

グロッシーピクシー シャイン&グロス トリートメントの関連商品

グロッシーピクシー シャイン&グロス トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。