G-7 ヘアーローション キャピキシル7%+リジン(G7)の解析結果

G-7 ヘアーローション キャピキシル7%+リジン(G7)株式会社 オズ・インターナショナル頭皮環境を整えるヘアローションはキャピキシルという時代がやって来ました。
今まで世に出ていたキャピキシルローションは各メーカーがその実力を出しきれず、なかなか広く浸透していませんでした。本来キャピキシルが持っている実力に見合っていなかった商品なのかもしれません。

私たちが研究したところによると、それもそのはず。
従来の配合では最大でも5%が限界。
結果にコミットしきれず、今までにあった頭皮環境を整えるヘアローションの知名度を覆すのは難しかったと言えるでしょう。

このほど、7%の当社としての最適値で日本製キャピキシルローションが誕生いたしました。
これが結果を出すために私たちが掴んだ最適値です。
また、頭皮に刺激のないナチュラルなローションにするためには
これ以上は好ましくないという最適値でもあるのです。

キャピキシルはカナダのLUCASMEYERCOSMETICS社によって開発された新世代のヘアケア成分であり、その能力は多くの専門家の間では話題となっていましたが、G-7が登場したことにより、これから多くの一般の人にまで知っていただけることになるでしょう。

また、お薬の使用に抵抗がある方やかゆみかぶれの心配をされている方にとっても安心して使用できる商品となっています。
キャピキシルは医薬品ではないため、直接肌に付ける物だけは医薬品は避けておくべきだと思っていた方には刺激の少ないキャピキシルが最適な役割を果たしてくれるはずです。

複数のお薬を併用していることに抵抗を感じている方などは、頭皮に直接触れるローションだけでもG-7に変更することにより、医薬品依存を少しでも減らすことが可能です。
安心安全の日本製かつ、最適配合のキャピキシルを含むG-7で健やかな頭皮へと導きます。

総合順位

17

総合得点 5点満点

3.96
成分数エキス系特効ダメ
361030

G-7 ヘアーローション キャピキシル7%+リジン(G7)解析チャート

G-7 ヘアーローション キャピキシル7%+リジン(G7)の解説


G-7 ヘアーローション キャピキシル7%+リジン(G7)の全成分

1

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4アセチルテトラペプチド-3

キャピキシルを構成する素材の1つです。毛包に直接作用し、毛包活性化を促すことで育毛に寄与します。アカツメクサエキスとセットでミノキシジルの数倍の育毛作用をもたらすと考えられています。

5アカツメクサ花エキス

キャピキシル素材の1つです。男性ホルモン由来DHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す「5αリダクターゼ」にはⅠ型・Ⅱ型があり、特にⅡ型がより脱毛に影響を与えているとされている。アカツメクサ花エキスは、Ⅰ型だけでなくⅡ型の抑制効果があり、男性型脱毛に非常に効果が期待される。

6リシン

7パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

8キハダ樹皮エキス

別名オウバクエキス。優れた抗菌作用を付与します。

9センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

10褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

11ヒオウギエキス

12ショウガ根エキス

・ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。

13ビワ葉エキス

殺菌・鎮痛・抗炎症作用を付与する。皮膚の修復作用を期待。また、血流促進作用、抗男性ホルモン作用、髪の成長サイクルを正常化させる作用などがあることがわかっており、育毛効果に期待がかかる。

14ウンシュウミカン果皮エキス

・ウンシュウミカン果皮エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、血行促進作用、抗アレルギー作用。

15冬虫夏草エキス

16アロエベラ液汁-1

17ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

18PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

19セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

20グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

21グルタミン酸

22アラニン

23アルギニン

24トレオニン

25プロリン

26ソルビトール

27レモングラス油

28ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

29グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

30グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

31PEG-40水添ヒマシ油

エッセンシャルオイル向けの万能な可溶化剤。アルコール多い系で使われます。

32ジフェンヒドラミンHCI

33デキストラン

34ラウラミンオキシド

35クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

36フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

頭皮環境を整えるヘアローションはキャピキシルという時代がやって来ました。
今まで世に出ていたキャピキシルローションは各メーカーがその実力を出しきれず、なかなか広く浸透していませんでした。本来キャピキシルが持っている実力に見合っていなかった商品なのかもしれません。

私たちが研究したところによると、それもそのはず。
従来の配合では最大でも5%が限界。
結果にコミットしきれず、今までにあった頭皮環境を整えるヘアローションの知名度を覆すのは難しかったと言えるでしょう。

このほど、7%の当社としての最適値で日本製キャピキシルローションが誕生いたしました。
これが結果を出すために私たちが掴んだ最適値です。
また、頭皮に刺激のないナチュラルなローションにするためには
これ以上は好ましくないという最適値でもあるのです。

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社によって開発された新世代のヘアケア成分であり、その能力は多くの専門家の間では話題となっていましたが、G-7が登場したことにより、これから多くの一般の人にまで知っていただけることになるでしょう。

また、お薬の使用に抵抗がある方やかゆみかぶれの心配をされている方にとっても安心して使用できる商品となっています。
キャピキシルは医薬品ではないため、直接肌に付ける物だけは医薬品は避けておくべきだと思っていた方には刺激の少ないキャピキシルが最適な役割を果たしてくれるはずです。

複数のお薬を併用していることに抵抗を感じている方などは、頭皮に直接触れるローションだけでもG-7に変更することにより、医薬品依存を少しでも減らすことが可能です。
安心安全の日本製かつ、最適配合のキャピキシルを含むG-7で健やかな頭皮へと導きます。


G-7 ヘアーローション キャピキシル7%+リジン(G7)の関連商品

G-7 ヘアーローション キャピキシル7%+リジン(G7)を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。