ファイブハーブス リペアリングシャンプー の解析結果

総合順位

1932

総合得点 5点満点

0.55
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
304001
  • ファイブハーブス リペアリングシャンプー の詳細情報
  • LOCCITANE(ロクシタン)の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2764
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 2376円
  • [1mlあたり] 約 7.92円

ファイブハーブス リペアリングシャンプー 解析チャート

ファイブハーブス リペアリングシャンプー の解説

強烈、肌に決定的に悪いシャンプー。

特徴としては防腐剤にノンパラベンでソルビン酸Kを採用している点や、クエン酸水添パーム油脂肪酸グリセリズといったエモリエント剤がユニークな一品です。

ただし、ベースに関してはラウリル硫酸Naという浸透による刺激性、過度の脱脂性が懸念される洗浄剤をベースに、

スルホコハク酸(C12-14)ラウレスNaも同様に高洗浄力。

シャンプーとしてはあまりに強すぎるクレンジング力で、頭皮にも髪にも負担の大きい設計です。

これほど強い脱脂性を持つと、当然PEG/PPG-14/4ジメチコンのようなシリコーン界面活性剤も配合、ということになり、

恥の上塗り状態の全成分となります。

香りがいくらリッチでも、全体的には質の悪いシャンプーですからオススメしません。

ファイブハーブス リペアリングシャンプー の全成分

1

2ラウリル硫酸TEA

強烈な脱脂力に加え、分子量が小さいために肌や髪に浸透する性質があり、文字通り根こそぎ脱脂してダメージさせてしますタイプの洗浄剤/陰イオン界面活性剤。全成分に無いに越したことはない成分である。

3スルホコハク酸ラウレス2Na

脱脂力はそこそこにあるが、肌への刺激性は控えめで生分解性も良い。さっぱり洗いたい方に向いている洗浄剤です。防腐剤に安息香酸ナトリウム。

4ラウレス-2

5オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

6ラバンデュラハイブリダ油

7アンゼリカ根油

8ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

9ゼラニウム油

10イランイラン花油

11ヤシ油アルキルグルコシド

12ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース

水溶性増粘剤。配合が容易で界面活性剤の刺激を緩和する作用。

13PEG-40水添ヒマシ油

エッセンシャルオイル向けの万能な可溶化剤。アルコール多い系で使われます。

14クエン酸水添パーム油脂肪酸グリセリズ

15テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル

酸化防止剤。

16PEG/PPG-14/4ジメチコン

17塩化Na

18安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

19オレイン酸グリセリル

20エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

21パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

22ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

23ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

24コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

25ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

26PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

27トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

28香料

香りづけ。

29リモネン

30リナロール(30)

販売元による宣伝文

傷んだ髪をなめらかに補修し、ダメージをはね返す、しなやかな髪へと導くシャンプーです。上質なハーブと自然由来の洗浄成分が、傷んだ髪をケアしながら洗いあげ、シルクのように滑らかで光り輝くツヤ髪へと導きます。

ファイブハーブス リペアリングシャンプー の関連商品

ファイブハーブス リペアリングシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。