エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪シャンプーの解析結果

総合順位

1857

総合得点 5点満点

0.83
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
363300
  • エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪シャンプーの詳細情報
  • ロレアル パリの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5280
  • [容量] 440ml
  • [参考価格] 972円
  • [1mlあたり] 約 2.21円

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪シャンプー解析チャート

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪シャンプーの解説

安い洗浄剤をシリコンでごまかす。

安く作って感触は良さそうに感じさせる、典型的なありがち設計となっています。

洗浄力が強く、肌や髪のバリアを奪う能力に長けているため、繰り返し使うことはおすすめできません。

ただし、添加剤の影響で一時的に滑りのよい感触に仕上げるのがこの製品の罪深いところ。

実際には、さほどよい製品とは言えません。

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪シャンプーの全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3ココベタイン

4ラウレス-5カルボン酸

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

5コカミドMIPA

ヤシ油脂肪酸のモノイソプロパノールアミド。非イオン界面活性剤で、泡立ちや洗浄力の補助剤として用いられる。

6アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

7塩化Na

8赤227

9ヤシ油

液状の油とワックスの中間の融点を持つ、ラウリン酸主体のオイルです。伸びがよく、皮膚の生理機能を阻害しない、酸化安定性の高いトリグリセリドです。

10乳酸

11トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

12安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

13酢酸Na

14ヒドロキシシトロネラール

スズラン、ユリ、ボダイジュ花、ライラック、シクラメンに似た香料。

15加水分解シルク

16水酸化Na

17PPG-5セテス-20

18オレイン酸PEG-55PG

粘度調整剤。一般的な界面活性剤処方で優れた増粘効果を付与。配合が容易である。

19ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

20サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

21サリチル酸ベンジル

22ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

23リナロール

24アマ花エキス

アマ科の亜麻花から得たエキス。成熟した亜麻の種子から得るオイルを亜麻仁オイル(アマニオイル)という。

25PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

26イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

27トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

28ゲラニオール

バラに似た香料で、防蚊効果を有する。

29ガーデニアタヒテンシス花エキス

・ガーデニアタヒテンシス花エキスはタヒチ原産のティアレの花エキスで、抗炎症・保湿・毛髪線維修復効果を付与します。

30カニナバラ花エキス

ヨーロッパ原産の野ばらの花から得たエキスです。ワイルドローズエキス、とも呼ばれます。ビタミンを豊富に含み、抗酸化作用を付与。

31EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

32クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

33シトロネロール

34ヘキシルシンナマル

環式アルデヒド化合物で、合成香料の一種です。

35グリコール酸

シンプルなα-ヒドロキシ酸(AHA)で、皮膚に透過しやすく、古い角質のつながりを切って新しい皮膚細胞を露出させる=ピーリング作用が最も特徴です。強い刺激性があり、ピーリング効果を濫用すると皮膚が敏感肌になりやすいため、頻度や濃度を多く使うべきではない。グリコール酸自体は毒物・劇物に指定される強い薬剤です。

36香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

フレンチローズオイル配合の艶髪シャンプー。泡立ち良く、髪と地肌をやさしい感触で洗い上げ、濃密にうるおって、なめらかな仕上がりへ。

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪シャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。