Dr.Feriz ハイシャンプー の解析結果

総合順位

856

総合得点 5点満点

2.22
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
133000

Dr.Feriz ハイシャンプー 解析チャート

Dr.Feriz ハイシャンプー の解説

シンプルにちょっと高級感のシャンプー

ココイルグルタミン酸TEAを軸に、非イオン界面活性剤、アミノ酸系のラウロイルメチルアラニンNaを加えた構成をベースとして、

非常にマイルドな洗浄性に泡立ち感をプラスした作りと言える内容です。





ダメージヘアも包み込むしっとり系マイルドシャンプー。

しっとりと洗いあげたい方向けの商品と見られ、特に頭皮環境を改善するような効果はありませんが、

マイルドに刺激性を少なく洗えるシャンプーです。

コンディショニング効果もわりとあり、ダメージ毛でも難なく洗える点もプラスでしょう。

Dr.Feriz ハイシャンプー の全成分

1

2ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

5ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

6グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

7ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

8PEG-15ココポリアミン

擬似カチオン界面活性剤として働くポリエチレングリコールポリアミン誘導体で、毛髪のケラチンに作用し柔軟性を与える。

9香料

香りづけ。

10メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

11プロピルパラベン

12EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

13銅クロロフィリンNa

植物の葉緑素(クロロフィル)由来の水溶性色素です。きれいな青を着色するほか、優れた防臭作用を持ちます。

販売元による宣伝文

頭皮の環境を整えて、 髪質をしっかりさせるシャンプー。 アミノ酸系のしっかり洗えるシャンプーです。フケやかゆみなどの頭皮トラブルにお悩みの方に特におすすめです。また、髪のアミノ酸皮質を分解しないので、髪に余計なダメージを与えず枝毛や切れ毛も予防します。

Dr.Feriz ハイシャンプー の関連商品

Dr.Feriz ハイシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。