ダヴボタニカル ダメージプロテクションコンディショナーの解析結果

総合順位

1879

総合得点 5点満点

0.87
成分数エキス系特効ダメ
34200
  • ダヴボタニカル ダメージプロテクションコンディショナーの詳細情報
  • ユニリーバ・ジャパンの関連商品
  • [JANコード] 4902111749839
  • [商品ID] 6631
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 798円
  • [1mlあたり] 約 1.6円

ダヴボタニカル ダメージプロテクションコンディショナー解析チャート

ダヴボタニカル ダメージプロテクションコンディショナーの解説

中途半端なボタニカルコンディショナー。

頭皮を守る成分が"添加"されているのと、頭皮を守るコンディショナーでは別物である。

まず一点目、ボタニカルだ、頭皮を守りながら云々といった文言が宣伝文から見て取れますが、

このコンディショナーは頭皮につけるには毒性が強すぎます。

コンディショナーのほとんどがそうであるように、この製品もベースに陽イオン界面活性剤を含みます。

ご多分に漏れず頭皮にはリスクが高いのでつけずに髪にだけ塗りましょう。



ドデシルベンゼンスルホン酸TEAのような洗剤に使われるような陰イオン界面活性剤もセットされていますから、

なおさらに、です。



多少の油分補給感、皮膜感に包まれる仕上がりとなりますが、髪への残留性が悪い意味で強めなため使うほど感触が悪化する可能性が高いタイプです。



補修成分の振る舞いが、一級品のように気の利いたものとは言えないため、コンディションに波があるような状態になるでしょう。

残念ながらボタニカルな印象というのはあまり感じられない製品と言えそうです。

ダヴボタニカル ダメージプロテクションコンディショナーの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

5ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

6アボカドエキス

7トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

8アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

9トレハロース

10加水分解ケラチン

11DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

12パラフィン

ろうそくのことです。あの白色の炭化水素化合物をパラフィンといい、化学的に安定性が高く滑らかな感触を与えるロウの一種です。

13ドデシルベンゼンスルホン酸TEA

・ドデシルベンゼンスルホン酸TEAを配合しているという点は、あまり良心的でないと判断していいでしょう。環境にも人体にも良い影響を与えない素材の1つです。

14ポロキサマー217

ポリオキシエチレン、ポリオキシプロピレンのブロック共重合体。界面活性剤であり、可溶化、洗浄助剤などを目的として配合されます。

15アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

16(C12-15)S-パレス-7

17(C12-14)S-パレス-5

18アルギニン

19グルタミン酸

20フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

21PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

22エトキシジグリコール

ジエチレングリコールモノエチルエーテルです。乳化、溶解補助剤、経皮吸収促進効果に優れる。抗菌石鹸やヘアダイ、スキンケア、アクネ肌用、クレンジングに用いられる。

23BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

24乳酸

25グルコース

26安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

27ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

真菌に対し特に効果の高い防腐剤

28アスコルビン酸

ビタミンCのことです。水溶性成分で、抗酸化剤として働きますが、とても分解されやすいため肌や髪にはほとんど役に立つことはありません。製品中の成分の酸化を防いだりする役割が主です。

29ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

30EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

31メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

32メチルクロロイソチアゾリノン

33香料

香りづけ。

34カラメル

販売元による宣伝文

・切れ毛を防ぎ、うるおってすこやかな髪へ。
・頭皮と髪を守りながら、やさしくきしまずに洗い上げます。
・自然由来のアルガンオイル(補修・保湿成分)・アボカドエキス(保湿成分)配合

ダヴボタニカル ダメージプロテクションコンディショナーの関連商品


楽天でダヴボタニカル ダメージプロテクションコンディショナーを買う

ダヴボタニカル ダメージプロテクションコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。