ダイアンボヌール ダメージリペア&シャインシャンプー

総合順位

175

総合得点 5点満点

3.46
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
335110
  • ダイアンボヌール ダメージリペア&シャインシャンプーの詳細情報
  • NatureLabの関連商品
  • [JANコード] 4560119221407
  • [商品ID] 7137
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1512円
  • [1mlあたり] 約 3.02円
ダイアンボヌール ダメージリペア&シャインシャンプー解析チャート

ダイアンボヌール ダメージリペア&シャインシャンプーの解説

すごく良くはないが、悪くない

エモリエントでスムーズな仕上がり


ダイアンボヌールの製品らしい決して一流ではないが中の上くらいを揃えてくるという共通したクオリティをここでも披露しています。


洗浄剤の一つ一つは、やはり一級品と言われるようなものはありません。ただ、仕上がりの感触としては結果的にエモリエントに感じられるような処方になっています。


スルホコハク酸パレス2Naというベース洗浄剤自体は比較的強力な洗浄性を持ちますが、一方で環境に優しく肌の刺激性もさほど高くないという、実にらしい特徴があります。


アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ、ババス油ポリグリセリル-6エステルズ、オリーブ油PEG-7カルボン酸Naあたりの非イオン界面活性剤などは潤滑性を仕上がりに残すという明確な役割が与えられているように見えます。


潤滑剤として理想的かどうかはともかく、少なくても感触に関しては悪くないでしょう。多少脱脂力は上がってしまいますが。


潤滑性に関与する油剤が豊富


この他には植物由来のオイルが非常に多種配合されており、加えて蜂蜜、加水分解エンドウタンパクといったやはり感触改良に寄与する成分が目立って配合されているのがわかります。


シアバターやホホバオイルあたりはとても有名ですね。


内容的にとても潤滑性を意識した処方であることが分かると思います。


クオリティは高くないが使い勝手がいい


高級品とか、高性能といった文言は似合いません。ただし、さっぱりと洗えてそれなりに潤滑性も残る使用感に関しては及第点と言えるシャンプーです。


言い換えれば,敵を多く作らないタイプとも言えそうです。


わかりやすい潤滑性が髪に残るわりに、ダメージを補修しているというわけではないのでそのような効果は長続きはしません。ダメージを補修することを念頭においている方は、。よりリペア効果の高い製品を選ばれた方が良いでしょう。


適度な油分補給程度で十分という状態であれば、このシャンプーは十分選択肢に入り得るものだと考えます。

一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。
コカミドメチルMEA
保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。
ハチミツ
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
安息香酸Na
アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。
ココイルグルタミン酸TEA
アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。
アルガニアスピノサ核油
シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。
シア脂
アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。
ココイルメチルタウリンNa
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。
ヒマワリ種子油
両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。
コカミドプロピルベタイン
構造としてはラウレス硫酸ナトリウムに近い特徴を持ちます。高洗浄性と泡立ちの良さが特徴で、やや肌刺激性が低く、環境にも分解し易いタイプです。
スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na
イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。
ホホバ種子油
乳化・クレンジング効果などが優れる非イオン界面活性剤です。スムースな感触が残り、クレンジング・洗浄効果も高いため洗顔やシャンプーなどに使われます。
オリーブ油PEG-7カルボン酸Na

中の上の典型



嫌われにくい使用感という感じ


販売元による宣伝文

オーガニック成分を含め98%以上(水を含む)天然由来成分のファーミングシャンプー。
ダメージリペア&シャインは傷んだ髪を心から補修し、ふんわりうるツヤ髪に仕上げます。
ブルージャスミンの香り。

●ドライヤーや摩擦によるダメージ、ボリューム不足、ツヤがない髪に
●フランス・グラース産フランキンセンスの香りに華やかなジャスミンを重ねた香り。
爽やかな柑橘とスウィートフローラルの甘く透明感のある香りです。
●高品質なフェアトレードオイルを採用
●植物由来の洗浄成分100%
●石油系界面活性剤、鉱物油、パラベン、シリコン、合成着色料、動物性原料 無添加
ダイアンボヌール ダメージリペア&シャインシャンプーの解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。