コラビクス マトリックスリッチの解析結果

総合順位

1071

総合得点 5点満点

1.9
成分数エキス系特効ダメ
15000
素材 
1.4
安全性
3.5
コスパ 
1.2
環境 
2.9
補修力
2.6
潤滑性
2.7
頭皮改善 
1.8
ツヤ 
2.1
持続性
2.3
感触 
2.8

コラビクス マトリックスリッチの解説

潤いとコシ。

ダメージ部に多少優先的にケラチン・コラーゲンがカバーに回る一品で、低レベルではありませんが、

先頭のベタイン、ポリクオタニウム-10といったチョイスが質の良さを感じさせず、どちらかといえばあまりレベルの高い処方ではないなと判断される構成です。



ダメージカバーにしても、カチオン界面活性剤がないこともあり、その代役としては力不足な内容でもあり、

全体的にはおすすめ度は低いのであります。

この内容、値段なら、より選択肢として上質なものがたくさんあるな、と考えます。

コラビクス マトリックスリッチの全成分

1

2ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

3ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

4エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

5ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コラーゲン

6加水分解コラーゲン

7ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン

・カチオン化ケラチン配合で髪の強度をやや向上させます。

8加水分解ケラチン

9加水分解シルク

10コムギ胚芽油

11ポリクオタニウム-30

12PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

13グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

14メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

15プロピルパラベン

販売元による宣伝文

ヘアカラーに含まれるアルカリ剤と混ざることで毛髪内部まで浸透し、内側からハリ・ツヤをよみがえらせるトリートメント。細く柔らかい髪をボリュームアップさせ、ハリ・コシのあるさらさらな手触りに整えます。

コラビクス マトリックスリッチの関連商品

コラビクス マトリックスリッチを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。