CELLREVAセルリヴァ ヒアルローションの解析結果

CELLREVAセルリヴァ ヒアルローションBBJP株式会社ヒト幹細胞培養液配合のサロン業務用化粧水。
お肌が最も求めている成分は水です。洗顔後のお肌にはすばやくたっぷりの水分を与えてあげることが大切です。美白効果の高い3種のビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチンを配合しています。抗酸化力の強いフラーレンやビタミンCを配合しています。3種のヒアルロン酸、リピジュア、セラミドなどの保湿成分を複合的に処方しています。数種の植物エキスでお肌の荒れを抑え、キメを整えます。

総合順位

220

総合得点 5点満点

1.33
成分数エキス系特効ダメ
27200
  • CELLREVAセルリヴァ ヒアルローションの詳細情報
  • BBJP株式会社の関連商品
  • [JANコード] 4573366110097
  • [商品ID] 6879
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 10800円
  • [1mlあたり] 約 21.6円

CELLREVAセルリヴァ ヒアルローション解析チャート

CELLREVAセルリヴァ ヒアルローションの解説


CELLREVAセルリヴァ ヒアルローションの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3LPG

4ココイルアラニンTEA

アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。

5ラウリルリン酸

6プロテアーゼ

7アスコルビン酸(ビタミンC)

83-O-エチルアスコルビン酸(ビタミンC誘導体)

9酢酸トコフェロール(ビタミンE誘導体)

10レモン果実エキス

11グレープフルーツ果実エキス

12ポリソルベート20

モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン。食品添加物に用いられるような乳化剤であるが、やや古い材料で昨今のより機能的な乳化剤と比べるとチョイスが古めかしい感が否めない。

13ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

14二酸化炭素

・いわゆる炭酸、つまり、二酸化炭素を配合。
二酸化炭素は炭酸ガスとして用いられ、弱酸性・皮脂や汚れを浮き上がらせ除去、血行促進によるクマ・くすみの改善、収れん(引き締め)効果による皮脂の過剰分泌抑制、ハリ・弾力効果などを付与。

15水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

16フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

17コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

18DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

19メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

20エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

21塩化Na

22ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

23安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

24BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

25リン酸2Na

26リン酸K

27香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ヒト幹細胞培養液配合のサロン業務用化粧水。
お肌が最も求めている成分は水です。洗顔後のお肌にはすばやくたっぷりの水分を与えてあげることが大切です。美白効果の高い3種のビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチンを配合しています。抗酸化力の強いフラーレンやビタミンCを配合しています。3種のヒアルロン酸、リピジュア、セラミドなどの保湿成分を複合的に処方しています。数種の植物エキスでお肌の荒れを抑え、キメを整えます。

CELLREVAセルリヴァ ヒアルローションの関連商品

CELLREVAセルリヴァ ヒアルローションを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。