CELLREVAセルリヴァ クリアファインの解析結果

CELLREVAセルリヴァ クリアファインBISEIヒト幹細胞培養液配合のサロン業務用クレンジング。
柔らかいジェルでマッサージをしながら天然のオイルでメイクを浮かせるお肌に優しいクレンジングです。
抗酸化力の強いフラーレンやビタミンCで酸化した皮脂やメイクからお肌を守ります。
ヒアルロン酸やコラーゲンでお肌に潤いを与えながらクレンジングできます。
数種の植物エキスがお肌のあれを抑え、キメを整えます。

総合順位

37

総合得点 5点満点

4.01
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
370510
  • CELLREVAセルリヴァ クリアファインの詳細情報
  • BISEIの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6881
  • [容量] 400ml
  • [参考価格] 8640円
  • [1mlあたり] 約 21.6円

CELLREVAセルリヴァ クリアファイン解析チャート

CELLREVAセルリヴァ クリアファインの解説


CELLREVAセルリヴァ クリアファインの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4コミカドDEA(1:2)

5PEG-6

ポリエチレングリコールです。乳化・保湿目的で配合されます。

6PEG-32

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8ヒト幹細胞順化培養液エキス

9フラーレン

フラーレンは、多くの抗酸化成分のように自らが酸化されるタイプではなく、活性酸素を吸着させて酸化を防ぐ。 作用できる活性酸素の種類が多く、お肌の表面を10時間以上も活性酸素を掃除してくれる。また、紫外線吸収剤の多くのように紫外線により壊れてしまう(分解してしまう)こともなく、安定性と持続性が大変優れる。ビタミンCの172倍といわれる抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を無害化します。共有結合結晶であるダイヤモンドやグラファイトとは異なり、数十個の原子からなる構造を単位とする炭素の同素体である。物理的に極めて安定で、水や有機溶媒に溶けにくい性質を持つため、利用開発の難易度が高い。

10ヒアルロン酸アスコルビルプロピル

ヒアルロン酸とアスコルビン酸の結合によるビタミンC 誘導体です。低分子ヒアルロン酸の保水膜作用と、ドラッグデリバリーシステムによるビタミンCの皮膚内部への作用が合わさった成分です。コラーゲン生合成促進効果と線維芽細胞増殖効果、そして免疫機能正常化、抗酸化作用、美白効果を期待。

11カプリロイルジペプチド-17

121,2-ヘキサンジオール

13ポリソルベート80

14カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

15酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

16アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

17オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

18グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

19スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

20ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

21サクシノイルアテロコラーゲン

コラーゲンの末端にあるアレルギー成分を除去し、コハク酸を結合させて中性域での溶解性を高めた物質。肌に張り付くような感触で保湿効果を付与。

22セルロースガム

23ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

24カミツレエキス

25アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

26カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

27クロレラエキス

細胞の活性を高める効果のあるプランクトン由来のエキスです。

28マグワ根皮エキス

美白作用、抗酸化作用を付与。

29カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

30トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセル

31PVP

ポリビニルピロリドンのこと。皮膜形成剤で肌や髪にハリ・コシを与える目的で配合される。ただ、吸湿するとハリが失われやすく、持続性に難あり。

32水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

33エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

34水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

35香料

香りづけ。

36メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

37フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

ヒト幹細胞培養液配合のサロン業務用クレンジング。
柔らかいジェルでマッサージをしながら天然のオイルでメイクを浮かせるお肌に優しいクレンジングです。
抗酸化力の強いフラーレンやビタミンCで酸化した皮脂やメイクからお肌を守ります。
ヒアルロン酸やコラーゲンでお肌に潤いを与えながらクレンジングできます。
数種の植物エキスがお肌のあれを抑え、キメを整えます。

CELLREVAセルリヴァ クリアファインの関連商品

CELLREVAセルリヴァ クリアファインを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。