ベーネ プレミアムクリスタル ローズスパマスクの解析結果

総合順位

778

総合得点 5点満点

2.09
成分数エキス系特効ダメ
31210

ベーネ プレミアムクリスタル ローズスパマスク解析チャート

ベーネ プレミアムクリスタル ローズスパマスクの解説

しっとり感を重視したエモリエントヘアマスクと見られ、

中でもアルガンオイル、ツバキ、マカデミアナッツ油、ハチミツが効果的に働きそう。

ダマスクバラを始めとしたバラ類の香りもたっぷりと配合されて高級感を感じるフレグランス。

カチオン界面活性剤はやや控え目で、肌刺激性は軽減されています。

メントールの清涼感、モロッコクレイの清浄作用、アルガンオイルの保湿効果、マカデミアは肌馴染みの良いナチュラルな感触。

全体としては、

やはり香りが目立って存在感を発揮しそうな保湿トリートメントで、トリートメントとしての効能はさほど高くないのですが、

香り目当てで使う人もいるのでは?と思わせる処方です。

グリセリン、ミネラルオイルといったベースの油剤もしっとり感を感じさせますが、ダメージを集中的に補修するようなものではないので、

あくまでも潤いを一時的に演出する、といった程度に認識しておいた方がよさそう。

ベーネ プレミアムクリスタル ローズスパマスクの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

4セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

5ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

6ダマスクバラ花油

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズのオイルです。バラの花が約300万個から1Kgしか抽出できないオイルで、深みのある高貴な香りが特徴。抗菌・抗アレルギー・抗酸化・鎮静作用などを付与します。

7ダマスクバラ花水

バラの中でも最も高額で貴重なダマスクローズです。

8センチフォリアバラ花水

9ガリカバラ花エキス

整肌作用、保湿、消炎作用、抗菌作用を付与。

10ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

11ノバラ油

12モロッコ溶岩クレイ

13アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

14ツバキ油

15マカデミアナッツ脂肪酸エチル

16加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

17ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

18グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

19ステアリン酸グリセリル

20ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

21コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

22メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

23クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

24アルギニン

25トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

26BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

27シアノコバラミン

ビタミンB12と呼ばれる成分で、体内では補酵素として働くピンク色の成分です。眼精疲労などの治療に使われていたり、整肌作用を付与します。不足すると悪性貧血を起こします。スキンケアでは毛細血管補強作用やタンパク質の合成と補修作用があり、エイジングケアに役立ちます。

28メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

29リンゴ酸

リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。

30DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

31香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

スカルプケア成分として効果・人気の高い「天然ガスール」と「5種の天然ローズエキス」を配合したヘッドスパトリートメントモロッコの大地の恵みが髪と頭皮の汚れを吸着除去し潤いを与えます。(モロッコ産ガスール※※&アルガンオイル※)ノンシリコン処方のヘアトリートメント。地肌もしっかりマッサージでき、髪と頭皮のWエステでを優しくケアします。5種類のローズの恵みがパサついた髪に潤いを与え、みずみずしい美髪へ。(ブルガリア産ローズハチミツ※&ダマスクローズ※、フランス産フレンチローズ※&センチフォリアローズ※、イタリア産イタリアンローズ※・※※※)傷んだ髪を素早く補修し、美しくなめらかな髪へ導きます。(ハイドロライズドケラチン配合)咲きたての薔薇のようなみずみずしいナチュラルローズの香り。(希少なブルガリア酸ダマスクローズ配合)

ベーネ プレミアムクリスタル ローズスパマスクを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。